スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASUSネットブックにAndroid携帯電話OS 採用の見込み

今回のもとネタはこちら
『华硕上网本有望采用Android手机操作系统』

【翻訳文】
北京時間2月21日のニュース、海外メディアの報道によると、ASUSは新しいネットブックにGoogleのAndroid OS をプレインストールする可能性があるとのことだ。

ASUSの”簡単なPC”業務部門マネージャのサムソン・フー(Samson Hu)氏は昨日、昨年末の早い段階から、同社はAndroidのネットブック用に開発者を配置しているが、本プロジェクトはまだ開発段階なため、同社はAndroidネットブックを開発, 販売するかの最終決定はまだである、と語った。

AndroidネットブックはPC ソフトウェア市場においてマイクロソフトに挑戦するGoogleの力を増長させる、と言うのも後者のWindows Osは現在90%ものPC市場をおさえているからだ。ネットブックはPC 市場でもっとも急成長している製品で、今年は出荷台数が倍増すると予測されている。大和証券アナリストのカルビン・フアン(Calvin Huang)氏は、Googleの多大なサポートがあるので、Androidはマイクロソフトに挑戦でき、一定の市場シェアをとることができるだろうと語った。Androidのメリットは無償であることと、処理能力の弱い廉価なプロセッサでも利用できることだ。

Googleは2007年にLinuxベースのAndroidをリリースし、HTCはAndroid携帯電話を携帯電話ベンダーとして初めて生産し、サムスン電子とLG電子も今年にAndroid携帯電話を発売する予定である。Freescale社は今週、同社は既に和碩聯合科技公司(もともとのASUSグループの下請け工場)とAndroidネットブックの開発について話し合いを持っており、第二四半期にAndroidネットブック用のチップを量産する予定であると語った。

Google広報担当のキャロライン・ペナー(Carolyn Penner)氏は、同社が初めにAndroidでターゲットにしているのは携帯電話だが、Androidはネットブックおよび関連製品でも使用できる、と語った。

市場調査会社のStrategy Analytics電信のアナリストであるネイル・マウス(Neil Mawston)氏は、マイクロソフトのソフトウェアはまず”大きなデバイス”に使用され、後に”小さなデバイス”へと進出してきたが、Googleは”その道の反対を行く”必要があると語った。

マイクロソフト社Windowsシニアマネージャのベン・ルドルフ(Ben Rudolph)氏は、”我々はユーザーがWindowsを継続購買してくれる自信を持っており、ネットブックに利用されるWindowsのビジネスは非常に強い成長をしている。”と語った。

Gartner社アナリストのレスリー・フィアリン(Leslie Fiering)氏は、もしGoogleのオフィスソフトウェアがマイクロソフトのオフィスソフトウェアに取って代われれば、Androidネットブックは成功の機会が更に大きくなるだろうと語った。

Androidコンピュータの動作速度はWindowsコンピュータより速い可能性がある。エイサー社は、ハードウェア要件が高いため、Windowsネットブックの起動時間はLinuxネットブックの倍もあると語る。フー氏は、Androidは非常にシンプルなオープンプラットフォームであると語る。

【書評】
以前当BlogでAndroidの携帯電話、スマートフォン以外に進出していくかもしれない、と言う記事を扱ったが(関連記事)、現実のものとなってきそうである。Freescale社の発表は中国のネットニュースでも広く取り上げられている(関連リンク ※中国語)。GoogleのAndroidはモバイルデバイスと言う位置づけでの注目が妥当になってきている。早めにキャッチアップをしておくのが得策と言えるかもしれない(関連サイト)。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。