スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトWindowsの市場占有率90%を割り込む

今回のもとネタはこちら
『微软Windows市场份额跌破90%』


【翻訳文】
マイクロソフト社のWindowsは過去2年絶えず市場を失いつづけ、ここ3ヶ月では、マイクロソフトのWindowsは既に90%以下に落ち込んだ。

11月Net Application社はインターネットでの監査結果で、89.6%のインターネットユーザーがWindows OS を利用しており、10月と比べて0.84%落ち込んだ。これはここ2年の中でもマイクロソフトOSの下降率で最もひどい状況だ。その他の月でWindows市場占有率で下降が大きかったのは、2008年5月と2007年12月で、それぞれの下降率は0.51%と0.63%だった。

しかしアップル社のMac OS Xは、過去2年継続的に継続的な上昇傾向を示しており、先月の市場占有率は8.9%で増長率は0.66%であった。11月まで、アップル社のOS市場占有率は3ヶ月連続で8%を上回っている。

NET Applicationのマーケティング担当上級副社長は、Macはホームユーザーが明らかに多く、それゆえに、11月の週末と感謝祭の期間はMac版FirefoxとSafariを使用するユーザーが拡大傾向にある、と話す。

ここで注意すべきは、Windowsの衰退の原因はWindows XP の販売終了、およびWindows Vistaの脆弱な販売額で、Windows XP の販売終了は1.81%の市場占有率を落とす原因となり、Vistaの市場投入は1.16%の引き上げしかもたらしていない。

Windows 2000などその他バージョンのOS は下落傾向が続いていて、11月には市場占有率が1.56%まで下がった。Vistaの市場占有率を類推すると、Vistaの市場占有率は先月には20%を突破しており、11月の市場占有率は20.45%であった。

オープンソースOS のは楽観視できない状況で、Linux OS の市場占有率は10月と比べ0.71%増加しているが、依然として総合的な市場占有率は0.9%を上回っていない。


【書評】
この記事にも出ているとおり、巷では、マイクロソフトはWindows Vistaに早々と見切りをつけ、Windows 7に注力しているというのはよく聞く。ただ、Windows 7も同様にパッケージビジネスをと考えているのであれば、まさしくイノベーションのジレンマと言える状況で、Vistaの二の舞になる可能性が高いだろう。今後のマイクロソフトの競争相手はLinuxなどOSだけでなくGoogle、SaaS陣営など土俵の違う相手とも戦っていくことになるのだから。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

No title

補足です。Net ApplicationsのOS別、データ調査も参照できますね。
http://marketshare.hitslink.com/operating-system-market-share.aspx?qprid=8
2004年以前は調べられないのですが、2006~2007、2008に上昇傾向が目立ちます。また、下記をみると、Intel CPUのMacが貢献しているようです。
http://marketshare.hitslink.com/operating-system-market-share.aspx?qprid=10

No title

調査方法が違うので、なんともいえないかもしれませんが、2003年時点は1.49%ですからね。
http://journal.mycom.co.jp/news/2003/09/26/28.html
それ以前を、考えるともう少し使われていたと思うので、iPodの躍進、ブランド最向上などによるV字回復かと推測してます。

Macは8.9%

Macは8.9%もあるのですか?
知りませんでした。

> マイクロソフトの競争相手はLinuxなどOSだけ
> でなくGoogle、SaaS陣営など
ですね。
ネットの「こちら側」と「あちら側」の綱引きに興味深々です。
記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。