スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバ 国産LinuxでWindowsに挑戦

今回のもとネタはこちら
『古巴推国产Linux系统挑战Windows』

【翻訳文】
北京時間2月12日朝のニュースで、海外メディアの報道によると、マイクロソフトのWindows OS に対抗するため、キューバ政府は今週独自のLinux OsであるNovaをリリースしたとのことだ。

現在のところ、キューバのコンピュータは大部分においてWindows OSで運用されている。キューバ政府はこの独占状態を打破したいと考え、今週開催された”技術的主権”の大会上で、キューバはNova OS をリリースした。

Windowsシステムは米国のマイクロソフトによって開発されているため、キューバ政府はWindowsを潜在的脅威ととらえているが、なぜなら米国のセキュリティ部門は容易にWindowsのコードを入手できるからだ。

その他として、米国はキューバに対しずっと貿易封鎖を実施しており、キューバはマイクロソフト製品とアップグレードを合法的に入手するのが困難なためでもある。


【書評】
キューバ政府がLinuxを独自開発しているとのことである。先日投稿したロシアに続いての動きである(関連記事)。国をあげてマイクロソフトを避けLinux/オープンソースに取り組みだす事情はコスト面以外でも様々なようだが、ソースがオープンで改変・(再)配布などに自由が利くオープンソースならではであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。