スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドフラッグ(Redflag)、南昌文化局と手を組んでLinuxを強制したことを否定

今回のもとネタはこちら
『中科红旗否认联合南昌文化局强推Linux』

【翻訳文】
12月4日、海外のWebサイトで「レッドフラッグ(Redflag)は江西省南昌文化局と手を組んでLinuxをインターネットカフェに強制した」と言う報道されたことを、レッドフラッグは4日午後、今回のは南昌のサーバーOSの正規版の話しであり、普通のパソコンのOSの話しではない、インターネットカフェオーナーは自由にマイクロソフト製品かレッドフラッグ製品かを選ぶことができる、と否定した。

ここ数日、ある国外のWebニュースによって中国のLinuxオープンソースベンダーのレッドフラッグは世論の渦に巻き込まれた。報道では、レッドフラッグは江西省南昌のインターネット主幹部門、文化局と協力し、600ものインターネットカフェに対して、”正規版”のOS、Redflag Linuxを強制し、それぞれのインターネットカフェにソフトウェアを与え2年分のサービス費として購入し5,000元支払わないといけないと伝えた。国外のメディアは中国政府はこのような強制的な手段で自国ソフトウェア製品を推し進めるのかと驚愕した。

これは中国の正規版のソフトウェアのニュース”輸出を国内販売に転換する”を受けて、国内のLinux業界関係者から、”ご存知のとおりインターネットカフェユーザーは主にネットゲームで遊び、殆どのネットゲームはLinux版がなく、これはインターネットカフェは5,000元の支払った後に、海賊版のWindows OS を利用継続できる、正規版化は”自己欺瞞”ビジネスゲームを意味すると思う”と言う糾弾とバッシングを引き起こしたことに関連する。

レッドフラッグのマーケティング責任者は4日午後、説明をした。彼は新浪科技(中国の大手Webニュースサイト)に江西省南昌文化局の公式文書を提示し、南昌政府がインターネットカフェに要求した正規版はサーバー用のOSであり、デスクトップ用のOSではない、またマイクロソフト製品とレッドフラッグの製品をインターネットカフェに提供しそれらを自主的に選択できる、とした。

このマーケティング責任者は、レッドフラッグのサーバー用OSはマイクロソフト製品に完全に取って代われる、レッドフラッグのエンジニアはインターネットカフェが元々
利用していたプラットフォーム上のソフトウェアをレッドフラッグのプラットフォームに移行することを支援できる、価格面では、それぞれのインターネットカフェは2年分のサービス費用を5,000元支払うが、これはマイクロソフトの製品と比べとても低価格で、それ故に大半のインターネットカフェのオーナーはレッドフラッグの製品を選択するだろう、と言う。


【書評】
ネットの批評に尾ひれがついたものが、国外でニュース記事化されてのひと騒動、と言う何ともお粗末な顛末。しかし、これではっきりしてきたのは中国政府の正規版を使わせようという動きが具体化してきたこと。これも最近の黒デスクトップ事件がもたらした、”効果”かもしれない。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

No title

>強要かどうかはともかく、サーバ用OSへの国産Linux利用は要求した
>ということですね。

政府の施策としては心強いですよね。それに比べて、日本は...

>本題と関係ありませんが、RedflagがRedHatと似ているのが中国
>らしいなぁなんて思いました。(笑

その観点はありませんでした!私は中国のディストリビューション=>紅旗=>Redflagだと...(^^;)

なるほど・・・。

RedFlagとディストリビューターもあるのですね。
勉強になります。

強要かどうかはともかく、サーバ用OSへの国産Linux利用は要求したということですね。

こうなってくると、サーバ市場は、完全に置き換わりそうですね。

本題と関係ありませんが、RedflagがRedHatと似ているのが中国らしいなぁなんて思いました。(笑

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。