スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux/オープンソース 2009年10大予測

今回のもとネタはこちら
『2009年Linux和开源软件的10大预测』

【翻訳文】
下記にて2009年のLinux OS とオープンソースの発展動向についての予測を書いていきたいと思う。

1.Androidは大いなる異彩を放つ
2009年はAndroidにとってマイルストーンの1年となり、AppleとiPhoneはAndroidの強烈なプレッシャーを感じ、2009年、モバイルシステム分野はAndroidの強烈な勢いの”加盟”によりさらに熾烈になっていくであろう。現在のところは、T-Mobile G1がAndroidを採用しているだけだが。
しかし、Motorola Android phone, Asus Eee Phone, OpenMoko GTA02, LG Android phoneは既に発売を待つばかりであるが、それらはAndroidをOS として採用する。噂では、これらのAndroid携帯電話は2009年に市場に出てくるそうだ。私は、これはiPhoneに対して少なからぬ衝撃を与えると確信しているので、期待して待っていたい。

考えてみると、iPhoneのような携帯電話が採用しているのがオープンソースのOS だとしたら、これはある意味如何なる人も皆その上で開発を行うことができる。あなたはApple Storeのために頭を痛める必要はなくなり、ある人がキラーアプリケーションを開発しているか否かも心配する必要がなくなる。実際、Android OS 自身はオープンなものなので、仮にどんな問題が発生したとしても、どんな問題も迅速に解決されることを意味している。2009年、”iPhoneが唯一のスマートフォン”と言う考えは終わりを迎える。

2.GNOME V.S. KDE
私としては、2009年にGNOME は最終的にKDE を超越し、もっとも良いLinuxデスクトップになると思っている。長い間、KDE 3.xの存在のため、GNOMEはずっと抑圧された存在であった---ことは間違いない。KDE 3.xは確実に良いLinuxデスクトップであった。KDE 3.xはLinuxデスクトップが持つべき秀逸な機能を有している : ユーザーフレンドリーで, 安定性があり, 柔軟性があり, 目にやさしいなどだ。GNOMEはずっとKDEを追いかけてきたが、成功していない。しかし、これはKDE 4の登場により変化している。

これはKDE 4が大変ひどいと言う理由だけではなく、同様にひどかったGNOMEの状況が少し良くなったこともある。実際、GNOME 2.24は非常に良い。現在のGNOMEはKDE 3.xが当時もっていた比類無い安定性を備えていて、既にLinuxデスクトップOS の分野において足場がしっかりしている。KDE 4は明らかにユーザーに受け入れられておらず、だんだんと多くのユーザーがKDEの利用を断念しGNOMEに乗り換え始めている。そういう意味では、2009年は確実に困難な年となるだろう。

3.Linuxプレインストールはますます激化
もともとからのデバイス製造メーカーがLinuxプレインストールを開始してから、このムーブメントは繰り返えされている。しかし、HPが自社のコンシューマー向けパソコンにLinux OS をプレインストールすると発表にともなって、オープンソースに春がやってくることを予兆されていた。さらに日増しに上昇していくNetbookの販売状況は、Linuxプレインストールパソコンの販売状況を改善し始め、その改善は2009年も継続している。今回、ウォールマートで何も知らない消費者にプレインストールマシンが販売されているような線香花火のようなものではなく、消費者はLinuxプレインストールのNetbookを明確な目的と原因を持って購入している。Canonical(Ubuntuの開発者であり支持者)はAMDと手を組んで、ARMプロセッサに最適なUbuntu OSを出していくことを期待している。

4.Brtfsファイルシステムの最初のバージョンがリリースされる
Brtfsは新しいファイルシステムで、フォールトトレラント処理, 修復, 管理に重きがおかれている。このファイルシステムはLinux OS が備えていない機能を提供している : 大規模企業における機能の拡張。Brtfsの最初の正式版は2009年にリリースされる見込みで、これは、今年の末までには配布されているLinuxが大規模, エンタープライズレベルのカーネルを装備可能なことを意味している。これは間違いなくLinux分野における特大のニュースであり、それは企業におけるLinux普及の最大の障害を取り除く。

5.OpenGL が大幅にオープンソース分野に入り込む
2008年、チップメーカーのNVIDIA社はオープンソースのOpenGL 3.0ドライバを発表した。私は、その他チップベンダーも追随していくものと思っている。この動きはOpenGLを最終的に完全にLinuxコミュニティに入り込ませ、プロプライエタリとオープンソースの2種類が含まれる。同時に、私はCompiz-Fusionのような3Dデスクトップのインストールがさらに容易になると類推している。あなたはCompiz-Fusionが箱を明け利用されているのを想像できるだろうか?最も重要なことは、Linuxと最新のビデオ技術OpenGL 3.0は非常に相性が良いということだ。その上、GEM(グラッフィック実行マネージャ)とKMS(カーネルモードの設定)を利用して、OpenGL 3.0ビデオサブシステムをカーネルレベルに移動できる。

6.クラウドコンピューティングはLinux分野で最大の力を発揮
もしこの予測が最終的に実現された場合、Linux分野における2009年の一大イベントとなるだろう。もしクラウドコンピューティング今年最終的に足場を固め実質的な進展を上げられれば、Linuxは極めて重要な先導役となるだろう。間違いないのはサーバーサイドでもクライアントサイドでも、Linuxは既にクラウド環境における安定した必須ツールを備えている。この方面では、常にLinuxはマイクロソフトをリードしてきた。クラウドが真の大いなる発展を遂げ”ハリケーン”となるなら----メディアはそのように予測している、Linuxも同様に多くのメリットを享受する。雲の嵐は既に到来していて、この様な話しをするのは少し躊躇われるのだが、アマゾンが開発したテスト版のLinuxクラウドを見てもらえば私が説明したことを理解いただけると思う。

7.OpenOffice 3はさらに多くの市場シェアを取るだろう
2009年、我々はだんだんと多くのユーザーがオープンソースオフィスソフトウェアのOpenOffice 3を利用しだしているのを見かけ、マイクロソフトOfficeの位置づけは危険極まりないものになった。OpenOffice 3は一連の新機能を提供しており、企業ユーザーに非常に適している。しかし、これは普及した真の原因ではない。世界経済の継続した低迷により、企業ユーザーはコストを低く抑える努力をしている。その中で迅速且つ痛みを伴わずコスト削減できる方法はオフィススイートである。典型的なエンドユーザーはマイクロソフトOfficeとOpenOfficeを特別に区別していないため、OpenOfficeは火のごとく迅速に蔓延していった。OpenOfficeをユーザーが利用するのを妨げている問題点はその知名度である。しかし人々が無料の製品がマイクロソフトOfficeの代替となるとわかった時、OpenOfficeはしだいに佳境に入っていくだろう。

8.Enlightenmentデスクトップの安定版E17まもなく登場
私は、2009年にEnlightenmentデスクトップの安定版E17がまもなく登場すると考えている。もしあなたがEnlightenmentウィンドウマネージャの忠実な追随者なら、きっとE16がずっとデフォルトの役割を担ってきたことをしっているはずで、E17はずっと不安定であった。2009年、我々はE17の安定版が登場すると見込んでいる。しかし、私はそのせいでE16が無くならないことを希望している。E16バージョンのEnlightenmentは最も良いものであった。したがって、私は2009年にE17の安定版が出ても、私は依然としてE16あたりを使いたい。

9.Ubuntuは企業とデスクトップに同時に進軍
2009年、私はUbuntuに2大イベントがあると予測している。第一に、Ubuntuのサーバー版が企業に入り込んで行き、有望なソリューションとして最終的に企業のサーバーニーズを満足させられる。第二に、Ubuntu 9.04(Jaunty Jackalope)が主要なデスクトップ分野に入り込み、ユーザーフレンドリなLinux OS が事実上の標準となる。Ubuntuは現在既に非常に多くのユーザーを有している。Ubuntu 9.0.4はUbuntuを最も良いLinuxデスクトップにし、ならびにハードウェアサポートが最も良いLinuxである。EXA加速技術を採用したため、UbuntuのATIビデオカードに対するサポートは大幅に改善され、無線とBluetooth技術は省電力機能を提供している。Ubuntu 9.0.4はLinuxがデスクトップシステムに進軍していくための巨大な推進作用を提供している。

10.FirefoxはIEを打ち負かし、ブラウザの新たな覇者となる
これは明白なことである。2009年に、Firefoxは最終的にInternet Explorerの手中から成功を奪い取る。Firefoxはこの日を長い間待っており、Internet Explorerが2008年に直面した問題はFirefoxのメリットをはっきりと表した。私はこの一件で、Firefoxの普及率は飛躍的な成長を遂げたと思っている。Firefoxはまもなくマイクロソフトの手中から大部分の市場シェアを奪う。しかし今年の年末までに、Googleは皆が待ち望んでいる最新版のChromeを出すが、その時FirefoxとInternet Explorerの市場シェアはどちらも大きな衝撃を受けるかもしれない。ブラウザ戦争はさらに激しくなる。

全体的に言えば、2009年は、Linuxとオープンソースの前途は明るい。どう思うだろうか?2009年はLinuxにとって輝かしい一年となるだろうか?注視していきましょう。


【書評】
本記事はTechRepublicと言うWebサイトにJack Wallen氏が投稿した文書らしい。(参考サイト)。氏はRed Hat 4.2の頃からのTechRepublicに投稿しているとのことなので、その経験は10年以上に登る。なるほど、目新しさはないが、理にかなっている予測である。文中にいくつか出てきたLinuxデスクトップに関しては2006年頃から”今年はLinuxデスクトップの年”といわれ続けてきたが、Netbookの好調な販売状況, Vistaの不振, コスト削減要求, 充実したアプリの充実などで2009年こそは大躍進を遂げそうである。Androidなどの組込みを含めデスクトップ方面の進化、飛躍は楽しみである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

10大予測

http://opensourcechina.blog92.fc2.com/tb.php/66-ceb29949 こういうのは好きだったり(笑)。 TOMOYO Linuxがないねぇ。

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。