スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Androidの見通しは無限 富士通新サービスを推進

今回のもとネタはこちら
『Android前景无限 富士通将首推新服务 』

【翻訳文】
オープンソースのGoogle Androidシステムが急速に普及し始めているが、製造ベンダーの新たなお気に入りにもなっている。そのため日本人もこのような製品開発の絶好の機会を逃すわけにはいかない。日本富士通は数日前に、このオープンソースシステムプラットフォームを基幹製品にしていきたいという願望を示した。しかし現在この段階では具体的な製品は正式には投入されておらず、Android開発に的を絞ったサービスを立ち上げたが、このプロジェクトがService Build for Androidとなった。

参照 : イメージ図

もちろん、富士通が現在考えているのはAndroidプラットフォームに対する更に一歩踏み込んだサービスプランで、それはコンサルティング, トレーニング, 設計などの支援で、Androidのような無償のプラットフォームを利用して、富士通は(携帯電話だけなく)最終製品を低価格で割安なものにできて、ユーザーもより良いサービスを受けることができるようになる。このような正式な計画から想像できるのは、現在既にマイクロソフトなどのOS にさらに大きなプレッシャーがかかっているということである。


【書評】
日本の富士通(実際には関連会社)が発表したニュースである(参考記事)。中国語化された日本のニュースを翻訳するというのはいささか不思議な感もあるが、日本のニュースが掲載されるというのは知っている限りでは筆者がBlogを始めてからは初つのことである。それだけ、中国でAndroidが注目されている証といえるかもしれない。中国でもすぐにAndroidを軸にしたコンサルティング、カスタマイズサービスなどが立ち上がっていくと思われる。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。