スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palm webOSのカーネルはLinuxを全面使用したWebKitである

今回のもとネタはこちら
『Palm webOS的内核为Linux全面使用WebKit』

【翻訳文】
米国Palm社は”2009 International CES”で見学者に対し開発中の携帯電話”Palm Pre”を展示していた。筆者はせっかくなので前にいき紹介を聞いてみた。

紹介からわかったのは次の内容である。まず、OSはLinuxカーネルを採用しており、HTMLとCSSなどレンダリングはWebkitを使用している。Webブラウザだけでなく、すべてのプログラムの実行にはWebKitを利用している。この点は、米国Googleが開発した”Android”と同様である。

そのほか、Palm Preが採用しているマイクロプロセッサは米国テキサスインスツルメンツ社の”OMAP3430”である。英国ARM社のCPUコア”Cortex-A8”と英国Imagination Technologiesのグラフィックコアカーネル”PowerVR SGX”を装備している。

非接触型の充電器とPalm Pre は磁石を使用しており、位置がずれないようにできる。充電している最中に電話が入った場合、携帯電話を取り上げるだけで通話が可能だ。通話の途中で充電器の上に携帯電話を置いた場合、自動でSpeaker Phoneに切り替わる。このような細かな操作性が十分考慮されている。


【書評】
最近、富に中国では携帯電話関連の話題は多い。Android, iPhone, Symbianなどに加え、最近は3Gライセンスが通信業界再編後の各社に発給された(関連記事)。今後、それらを取り巻くソフトウェア, サービスなどが本格的に出現してくるであろう。2009年の中国オープンソース業界は携帯電話またはスマートフォン周りにも要注目である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。