スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NokiaはQtをLGPLライセンスでリリースすると発表

今回のもとネタはこちら
『Nokia宣布Qt 软件以LGPL发布 』

【翻訳文】
NokiaがQtにLGPLライセンスを追加したことで、Nokiaのプラットフォームにより多くの開発者が集まりやすくなるだろう。それによってGoogle, iPhoneと携帯電話サービスでの競争が展開されていくだろう。

NokiaはQt-4.5のリリースにLGPLライセンスを追加すると発表した。Qtはもともとのライセンス協定は商用ライセンスとGPLライセンスであり、GPLのライセンスはQt利用者にそれらのソースコードを公開することを求めているため、新たなLGPLライセンスは更に自由度を増し、開発・公開する人はQtのソースコードで利用しているものを変更しない場合、自身のソースコードを公開しなくても良くなる。これはQtの開発者が増大するのに非常に有利で、GoogleやiPhoneなどとの競争の中で積極性を増すであろう。


【書評】
ひとくくりにオープンソースと言っても様々なライセンスがある(関連サイト)。代表的なライセンスと言えばGPLであるが、GPLはそのライセンスが適用されているものを利用、改変などをして第三者に提供する場合、ソースコードを開示しなくてはならないと言う義務があり、実際にこれをおこたり訴訟または騒動に発展したケースも多々ある(参考サイト1参考サイト2)。LGPLはそういった問題を緩和させるべく用意されたライセンスであり、特に特許技術などと組み合わせて提供する場合などに歓迎されることが多い。GPLとLGPLの違いについてわかりやすく解説しているサイトもあるので、参照いただければと思う(関連サイト)

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。