スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Hat中国の新戦略 : 仮想化とクラウドコンピューティングを強化

今回のもとネタはこちら
『红帽中国新战略:加大虚拟化和云计算投入』

【翻訳文】
8月11日、就任後わずか30日のRed Hat中国総裁潘応麟氏がRed Hat中国の新戦略を発表し、Red Hat社新年度の”333”計画を紹介した。潘応麟氏は同時に、同社は今年仮想化とクラウドコンピューティングを更に強化し、パートナーと協力しオープンソース生態系システムを作り上げていくとも強調していた。

0812LUPA
Red Hat中国総裁 潘応麟氏

情報によると、”333”計画とは三大目標,三大イベント,三大重点分野を意味するとのことだ。その中で、三大目標とは先進的な製品によって、クラウドコンピューティングと仮想化の分野で技術リーダー的な存在となること、ITの将来発展を担うグローバル規模の技術リーダー企業として、業界の指導的なリーダーとなること、中国のユーザーに対してオープンソースのリーダー的存在という信頼性を植え付けていくことなどが含まれている。

三大イベントはRed Hatがコミュニティ,パートナー及び顧客との共同作業を通して、ソフトウェアの研究開発モデル、ソフトウェアの消費方式、中国のソフトウェア及びサービス(SaaS)の経済体系を再定義し、更に良いサービスモデルを探しつづけていくことである。

三大重点分野はRed Hatが仮想化,クラウドコンピューティング,ミドルウェアにおいて、ビジネスユーザー及びパートナーとオープンソースの生態系構築のため3方面で積極的な行動をとっていくことである。その中でも、仮想化とクラウドコンピューティングはRed Hat社新年度の寿点線略の1つになっている。2010年、Red Hatは多くの仮想化及びクラウドコンピューティング関連の戦略と最新ソリューションを発表してきたが、同時に大手企業との協業を通して、仮想化分野もトップに位置するために戦略を強化していく。潘応麟氏は、Red Hat中国はクラウドコンピューティングと仮想化の技術に力をいれ、人員やトレーニングなどを投入し、パートナーとクラウドコンピューティング開発センターを構築すると同時に、オープンソース関連のパートナーと協業し様々なソリューションを提供していきたいと語っていた。

その他、Red Hatは今年より完璧なオープンソース生態系システムを今年作っていくとしていた。チャネルパートナーへのサポート強化を続け、トレーニング及びビジネスデベロップメントにフォーカスを絞ったサポートをより強化していくとのことだ。ISVパートナーとの成功モデルを探求し維持していくのと同時に、ISVとともにトータルソリューションの中でRed Hat製品が更に数多く適用されていくように、より密接な関係構築を強化していくとしていた。

Red Hatの中国市場における発展について、 潘応麟氏は十分な自信を持っており、”Red Hatは中国で急速に発展している。特に中国の企業はだんだんと情報化構築とコストの削減を重視し始めており、オープンソース技術,クラウドコンピューティング,仮想化技術は中国の企業に嘗てないほど期待されている。Red Hatはパートナーとともに、次世代クラウドコンピューティングの基盤を構築し、中国ユーザーの業務が飛躍的に発展していくように更にサポート提供を強化していく。”と語っていた。

潘応麟氏はまた中国软件资讯に対し、Red Hatは中国市場での展開を非常に重視しており、人員,資金などのリソース面で多大な力をそそいでいくが、具体的な数字はまだ決まっていないと語った。潘応麟氏はただ、”企業には様々な人員,リソースなどの方面での計画が必ずある。私の出社初日に同社の社長と財務責任者と会ったが、彼らは中国を非常によくみており、Red Hatの中国における展開に多大なサポートをすると語っていた。”とだけ強調していた。


【書評】
Red Hat中国は以前の責任者に不幸があり、最近になって潘応麟氏が新たなRed Hat中国の責任者に就任した。今回の仮想化やクラウドコンピューティングへの対応強化はさながら所信表明演説といったところであろう。

Red Hatは中国において現時点、米国や日本ほどLinuxディストリビューションの中で圧倒的な力を誇示できておらず、仮想化やクラウドコンピューティングのソリューションにおいてはノベル社が抜きん出ており、Redflagや中国標準軟件など国内ベンダーと2番手グループにつけているというのが、現在のポジションといえるのではないかと思う。ただ、IBMやHP、DELLといったグローバルに展開するサーバ企業との協業体制は盤石なものなので、今後、中国市場を更に開拓していきたい彼らと組んでいけるのは非常に有利に働くであろう。

クラウドコンピューティングは現在、中国でも産官学をあげて取り組まれており、様々なクラウドコンピューティングセンター(関連記事)、通信キャリア系を中心とした大型プロジェクトが実施されているが(関連記事)、今後この傾向はまず間違いなく強くなっていくであろう。

ライバルのノベル社も中国市場を非常に重視しており中国での戦略的投資の強化を表明していることもあり(関連記事)、今後は外資系ディストリビューション2社を中心としたオープンソース分野での競争がヒートアップしていきそうである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。