スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル、アプリケーションストアを来年中国で開始

今回のもとネタはこちら
『英特尔应用程序商店明年初进中国』

【翻訳文】
インテルが推進するMeeGo OSは中国のモバイルデバイス,タブレットPC及び車載システムの市場で新たな展開を始めようとしている。そしてアプリケーションストアのAppUp Centerも来年中国に進出してくる。インテル社は本日深セン市福田区に”インテル Atom & Meegoイノベーションセンター”を設立したが、同センターは初めて中国で設立したMeeGoベースの組み込みデバイスインキュベーション施設である。インテル社グローバルパートナーシップリレーション部Christos Georgiopoulos氏がインタビューの際に上述した内容を明きらかにした。

インテルは、これから3年で、インテルは100社の重点パートナーを選出し、モバイルデバイス,タブレットPC及び車載システム市場向けのAtomとMeeGoをベースとした1000種に及ぶアプリケーションやサービスをサポートし、3,000名にも及ぶ組み込みエンジニアのトレーニングを行っていくと語った。Christos氏は、この協業策は人的資源と産業構造が特に考慮されたものだと語った。

MeeGoはインテルとノキアが共同でリリースするオープンソース且つ無償のOSである。インテルは2010年10月にMeeGoのバージョン1.1をリリースする計画をしている。

インテルは今年の年初に米国CESでAtom開発者計画を公表し、開発者がMeeGoベースのアプリを開発していくよう促進し、ユーザー向けにはAppUp Centerというアプリケーションストアをリリースしていくとしていた。

Christos氏は、Atom開発者計画とアプリケーションストアのAppUp Centerは現在27ヶ国で実施されており、2011年の初めには中国でも行われ、中国国内においてソフトウェアやアプリケーション開発ベンダーと完全なるMeeGo生態圏を構築していくと語った。

インテルはMeeGoを利用して伝統的なPC市場以外でのシェア獲得を期待しているが、同分野では、インテルは熾烈な強壮を強いられている。GoogleがリリースしているAndroid Osは世界中で急速に発展しており、モバイルデバイスにおいては、Androidの発展が特に注目を集めている。インターネットトラフィック分析会社が今年3月にリリースしたモバイルユーザーについての報告によると、2009年10月10日から2010年1月9日において、Googleは米国スマートフォン市場のシェアが2.8%から7.1%まであがり、その成長率は153.57%であったとのことだ。

Christos氏は、AndroidとMeeGoの違いとしては、MeeGoは全く新しいOSで、インテルプラットフォーム上での性能とユーザーエクスペリエンスに優位性を持つと同時に、その他プラットフォームでも実行できるところにあると語った。彼はまた、MeeGoは、完全なオープンソースのもので、MeeGoコミュニティによるメンテナンスと発展が促されるOSであるとも強調した。


【書評】
インテルのアプリケーションストア”AppUp”は本文にもあったとおり今年1月に行われたCES上で発表され、現在はベータという状態でWebページも準備されており、ネットブック向けに接続ツールなども用意されている(関連リンク)。現在その接続ツールはWindows XPおよび7向けとMoblin向けが用意されているが、このMoblin向けのものがいずれMeeGo向け、となるのであろう。
そのAppUpを中国で来年初から展開するとのことだが、中国のアプリケーションストアもGoogleのAndroid Marketこそ正式展開されてはいないが(関連記事)、3大通信キャリアがそれぞれAndroidもしくはそのベース向けにMobileMarket(中国移動)、UniStore(中国聯通)、天翼空間(中国電信)を展開しているのと、端末メーカーとしてはモトローラがSHOP4APPS、レノボがレノボアプリケーションストアを開設している。またその他サードパーティ製としては”HiAPK”というAndroidアプリケーションストアが非常に人気が高い(関連記事)。

MeeGoはQtベースで開発が行えクロスプラットフォーム性が高いという優位点を持つが、まず魅力ある端末が出揃い、ユーザーが増えてこなければ開発者としてもそのアプリを開発するモチベーションは上がってこない。開発者の囲い込み、支援策とともにデバイスメーカーや通信キャリアとの協業をどう進めていくのかにも注目である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。