スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

webOS登場:中国電信カスタマイズ版まもなく発売

今回のもとネタはこちら
『webOS突袭:中电信定制机将面世』

【翻訳文】
中国国内の著名なPalmフォーラムの情報によると、中国電信は遅くとも2011年の春節にWeb OSをカスタマイズしたスマートフォンをリリースするとのことだ。情報によると、このカスタマイズ携帯は外見上はPreに似ており、3.5インチの画面で、WiFiを装備し、CDMAとGSMに対応するであろうとのことだ。現在中国電信はQQ人人開心などとWeb OS用アプリの開発に着手しており、少なくともAndroidアプリと同様な水準になるよう要求している。

情報によると、電信カスタマイズの同端末のネットワークとハードウェアのテストは最終段階にあり、基本的なソフトウェアは現在テスト中であるとのことだ。アプリケーションの拡張テストは2010年10月から11月に全国規模で行い、製品のリリースは遅くとも2011年の春節の時期になる予定だ。

■メール設定画面
0720LUPA-1


同ニュースはこの電信カスタマイズ機器の外見や主要な構成も明らかにしていた。外見はPalm Preと似ており、同様にスライド構造を採用していて、品質は向上しているとのことだ。ハードウェア構成ではCPUの周波数があがっており、速度はiPhone 3GSに近いが、嬉しいことにWiFiを装備しており、CDMAとGSMの2種類に対応している。

明らかに違うのは、カスタマイズ機の画面サイズは3.5インチだが、preの画面は3.1インチしかないところだ。画面が大きいにもかかわらず、機器本体の大きさはPreと同程度で、表示領域を増やすために、Preの丸みを帯びた角や流線型のデザインは変わり、全体的にフラットな外観になる可能性がある。


■中国語入力
0720LUPA-2

■中国語環境
0720LUPA-3

■多くの中国語入力が選択可能
0720LUPA-4


同時に同情報では現在確定していることとして、バッテリーを現在調整しており、全体的な重心が下がるかもしれないと明きらかにした。電源やデータインターフェース、ヘッドフォンジャックの位置も調整されており、キーボード周りのシャープなエッジも変更される可能性があるが、より使いやすいものになるのであろう。


■中国電信カスタマイズメニュー
0720LUPA-5


【書評】
中国電信がPalm社のWeb OSを搭載した端末を出す予定とのことである。中国電信は現在、XT800を中心としたAndroid端末、BlackBerryなどを販売しているが、中国移動のOPhoneや中国聯通のiPhoneやLe(楽)Phoneなどと比較すると基幹となる端末がないのが現状である。
それは携帯電話ユーザー推移にも現れており、2Gで遅れを取っているのは仕方ない部分があるとしても、3Gにおいても中国聯通の奮闘からすると(関連記事)、数字の上では互角に見えても、実態として中国電信3G契約ユーザーの8割が携帯端末ではなく、USBなどのデータカードであることを考慮すると水を開けられていると考えられる。Android、BlackBerry、Web OSと幅広く扱えばより広範なユーザーをカバーできるようになるのかもしれないが、逆に言えばそれだけ自社サービスや関連パートナーのアプリを対応させるリソースなどが分散されてしまうため、長い目でみて功を奏するかは今後の注視が必要である。

一方、Palmは周知のとおりHPに買収されたが、継続してWeb OSを開発していく以降を見せている(関連記事)。Palm自身は売上の低調が続いたが、Web OS自身を高く評価する業界関係者も多いので、今後HPの既存ビジネスとどのように連携しシナジーを出していける戦略を立てていくのかにも注目していきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。