スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google、Androidを中国・インド市場で加速

今回のもとネタはこちら
『谷歌Android系统发力中印市场』

【翻訳文】
Google社はインドと中国でのAndroidモバイルソフトウェアのより強力に推進し、如何にアプリケーション開発者がもっと儲けていけるようになるかを探求し、アップルやノキアに対する競争力を高めていくことを計画している。

Googleエンジニアリング担当副社長のアンディ・ルービン(Andy Rubin)氏はインタビューを受けた際に、ソフトウェア開発者がAndroidを利用するよう惹きつけるために、Googleは彼らへ販売時の課金サービス,ヴァーチャル製品及びその他アプリケーションソフトウェアで使う製品やサービスなどツールを提供する可能性があると語った。Googleはまたアジアやヨーロッパ地域で華為やLGとローエンドの携帯電話を促進し、ノキアへの攻撃を開始していこうともしている。ルービン氏は、”ローエンド市場に機会が生じたが、それはまさしく革命に値するものである”と語った。

AndroidはGoogleがモバイルデバイスソフトウェアでより多くの利益を獲得するために、広告販売の機会を切り開いていく重要な戦略の1つでもある。調査会社のGartnerによると、世界のモバイル広告市場は昨年の10億ドルから2013年には135億ドルになるとのことであった。

Googleはモバイルアプリケーションにおいて、だんだんと多くの開発者をアップルに続いてひきつけ始めている。現在Androidのアプリケーションは6.5万あるが、20万を超えるアップルの3分の1にも及んでいない。

Googleは現在正にAndroidの成長を加速させていく措置を取っている。Googleは、例えば韓国のような新たな成長市場である韓国ではAndroidユーザーが5月の10万人から6月には16万人にも増えている。第1四半期に発売されたAndroid携帯の69%は米国市場であった。Gartnerによると、2012年までにはAndroidはiOSを追い越し、ノキアSymbianに次ぐ世界第2位のモバイルOSになっているであろうとのことであった。

ルービン氏は、Googleはソフトウェア開発者へのインセンティブも改善していこうとしていると語った。同社は現在開発者がそのアプリケーションの中でより多くの収入を獲得できるようになる方法を模索しており、課金サービスやオンラインアプリケーションの中で支払いが容易になるようにしていこうとしている。消費者に新しいゲーム,バーチャルデバイスやWebマガジンなどを購入する方法を提供していくものである。2009年アップルはiPhone上で既に同様のサービスを提供している。

多くのAndroid開発者がソフトウェア内の広告か或いは一時的な購買費用で収入を得ている。しかし彼らがアップルと同程度の収入を取得することは困難である。Futuresourceコンサルティング社は、今年消費者はアプリケーションのダウンロードで44億ドルを消費するが、アップルのApp Storeは少なくともその中で77%を獲得し、Androidはわずか9%に止まるだろうと予測している。

この点について、アップル女性スポークスマンのナタリー・ハリソン(Natalie Harrison)氏に電話でコメントを求めたが返答はなかった。

ルービン氏は、eBayのPayPalなどの企業が既にAndroid開発者がアプリケーション内で支払いができるツールを提供してはいるが、同時に多くの企業と取引を増やしていくのは困難であるとも語っている。PayPal副社長のオサマ・ベディアー(Osama Bedier)氏は、5月19日からアプリケーション内の支払いツールをリリースしたが、すでに1,000名以上の開発者がダウンロードしていると語った。ダウンロードしている大部分の開発者は中国からのものであるとのことだ。

ルービン氏は、Googleは華為,LGなどメーカーの力を借りて中国市場にローエンドのAndroidスマートフォンを提供していくとも語っていた。華為は2月に4種類のAndroid携帯とタブレットを発表した。世界で提供されている10%前後の携帯は中国メーカーのもので、Androidも採用されており、よりローエンドな市場でシェアを獲得していくことを望んでいる。


【書評】
Googleがインド市場と中国市場でAndroidビジネスを強化していくとのことだ。Googleと中国政府は今年1月に端を発した騒動があり(関連記事)、関係が良好とは言えない状況で、最近もICPの更新や(関連記事)、中国におけるオンライン地図サービス実施が許認可性になるなど慌しい動きはあったが(関連記事)、現時点、Androidに限れば、今回のAndy Rubin氏の発言、そして中国市場でモバイル端末を発売するための「工信部電子設備認証センター」の認証をAndroid端末が次々にクリアしていることや、つい先日行われた「オープンソース中国 オープンソース世界サミット」でもAndroidを推進していく事が再度工信部から発表されていたりということもあり、中国ビジネスに対する影響はないどころか、ますます加速していきそうな勢いである。
本文にあったローエンド市場に関しても既に紹介されていた華為の他に、中興(ZTE)なども「X850」という機種を1,200元前後の価格で提供し出している(関連記事)。先日行われた携帯電話に関するユーザー調査でも2,000元以内のローエンドモデルを望む声が3分の2を占めるなどそのニーズは非常に大きいものがある。
また、今年の後半には、OPPOやTCL、魅族(Meizu)、酷派(CoolPad)などよりコンシューマに受けの良い企業がAndroid搭載端末を提供していくと表明している。

成り行きを見守る必要はもちろん残るが、中国のAndroid市場はますます加熱していきそうではある。

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。