スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntuデスクトップコース中国語版PDF正式公開

今回のもとネタはこちら
『Ubuntu桌面培训PDF中文版正式发布』

【翻訳文】
Ubuntuデスクトップコースは、すなわちUbuntu Desktop Courseであり、ホームユーザーやオフィスユーザーにUbuntu OSのトレーニングを提供するものである。

かなりの時間と、Aron XuとEleanor Chenのチャットがチャットに多くの時間を使い、Ubuntuデスクトップコースの翻訳は完成し、正式にリリースされた。

同コースはホームユーザーとオフィスユーザーにUbuntu Osのトレーニングを提供している。Ubuntuの事前知識は前提としないが、基本的なコンピュータ利用能力は要求される。同コースはモジュール単位で構成されている。全日制の教室で学習した場合は、2日間で全体を終わらせられる分量である。その他に、テーマとコースを取捨選択することで、同コースの主要部分を1日で終わらせることも可能になる。原文の英語版に対して、中国語版はUbuntu 9.10をベースに翻訳が行われている。(翻訳を開始した時点では、10.04はβテストの段階だったので、ご了解をいただきたい)

今回更新されたPDF版は、プロジェクトページのトップにあり、誰でも自由にすべてのコンテンツをダウンロード可能である。

0702LUPA

P.S. Lucidに対応したデスクトップコースの翻訳も最終段階に入っているので、期待してほしい。


【書評】
Ubuntu本家で準備されているユーザーガイドの中国語翻訳版である(関連リンク、※中国語)。全10章で構成されておりUbuntuの概要に始まり、デスクトップの紹介、インターネットやOpenOffice.orgの利用法、その他アプリの利用法などが網羅されている。今回の翻訳には計8人がボランティアベースで参加しており、PDFバージョン及びオンライン版HTMLバージョンが公開されている。

Ubuntuはもとよりコミュニティ色の強いディストリビューションであり、Canonicalという商用ベンダーが大元にいるとは言え、多くの貢献者に支えられている団体でもある。中国でも一定の人気を得ており、国内のLinuxディストリビュータでもYlmf OSなどがUbuntuをベースに製品を提供しているし(関連記事)、Smartdevice社が自社MIDにUbuntuを搭載して販売している(関連記事)。

最近は少し、デスクトップよりもスマートフォンやタブレットPCの話題が多く、AndroidやMeeGoに話題をさらわれ気味ではあったが、Canonical社がUbuntuでタブレットPC市場に乗り込もうとしているとの噂もある(関連記事)。

今までデスクトップOSは”V.S. Windows”の感が強かったが、今後はモバイルOS及び年末に出荷が予定されているGoogleのChrome OSなども絡め今年後半から来年は激戦が繰り広げられていくのかもしれない。

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。