スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年の中国Linuxプラットフォーム関連の市場規模は3.86億元

今回のもとネタはこちら
『2009年国内Linux平台相关销售额3.86亿元』

【翻訳文】
6月29日のニュース、中国オープンソース推進連盟の統計によると、2009年の中国Linuxプラットフォーム関連の市場規模は20%成長し、3.86億元(≒50.77億円)に達したとのことであった。2008年は3.2億元で、2007年比16.6%の成長であった。

同連盟主席の陸首群氏が2010オープンソース中国 オープンソース世界サミットの会場にて同データを明きらかにした。彼は同時に、2009年は、LinuxはAndroidのおかげもあり急速に成長し、コンピュータ市場でわずか1%という罰の悪さを改変し、シェアは8%を突破したとも語った。

工信部ソフトウェアサービス局副局長の陳英氏は会場で、2009年オープンソースは急速に発展したが、中国国内の発展環境はなお改善の余地があり、関連部門でより一層オープンソースの発展を促進していきたいと考えていると語った。

オープンソースソフトウェアであまり知られていないことだが、中国国内には40もの公的なオープンソースセンターが存在し、地方にも民間のトレーニングセンターが数多く存在する。加えて、中国国内には250ほどのオープンソースコミュニティが存在している。

プライベートなソフトウェアに相対し、オープンソースソフトウェアは開発者向けにソースコードが公開されているので、これらのオープンなソースコードに多くの人が関われるようになっている。Linux FoundationエグゼクティブディレクターのJim Zemlin氏は、”近年多様化している端末とユーザーのパーソナライズに対する要求はLinuxの発展を大いに促進し、開発速度,セキュリティといった面でも、Linuxの優位性は非常に明確である。”と語った。

Linux Foundationの話では、MeeGoが彼らの重点推進プロジェクトで、これは彼らがAndroidの次に後半に人気が出てくるプラットフォームであろうと考えているためとのことであった。MeeGoはインテルのMoblinとノキアのMaemoが融合されたのものである。


【書評】
オープンソース中国 オープンソース世界サミットは2006年から毎年1回開催されており、今年で第5回目の開催となる。毎年、中国オープンソース推進連盟の陸首群主席が基調講演を行い、前年の中国及び世界のオープンソース業界の動向を振り返りながら、今年の後半を中心とした業界の展望を披露している(関連記事)。
今年は6月29日と30日の日程で行われており、今回は「Linux/オープンソースの発展と適用」、「クラウドコンピューティング」、「オープンスタンダード」、「ユーザー端末デバイスの発展と適用」、「オープンソース人材育成トレーニング」となっている(関連リンク中国語)。
そして、講演プログラムを見てみると去年以上にモバイル関連とクラウドコンピューティング関連の話題が多くなっており、モバイル関連では本文にあったLinux Foundationの他、ノキアやインテルがMeeGoに関して講演を行っているのと、クラウドコンピューティングに関してはRed Hatなどは講演タイトルが「Cloud Computing」とそのものになっており、現在の中国でのオープンソーストレンドが「モバイル」と「クラウドコンピューティング」であることが改めて確認できる。

中国Linux市場の規模に話を戻すと、2009年は3.86億元(≒50.77億円)だったとのことであるが、この数字はLinux関連のソフトウェアとサービスの売上高が対象となっている。2008年はサーバが93%でデスクトップが7%程度という比率であったが(関連記事)、2009年は変動があったのか否かは続報を待つしかない。こちらは詳細情報などが入りしだい改めてお伝えしたいと思う。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。