スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国初の自主的知的財産権を持った分析型データベースが登場

今回のもとネタはこちら
『国内首款自主知识产权分析数据库今问世』

【翻訳文】
6月24日のニュース、南大通用社は本日中国では初となる自主的知的財産を持つ分析型データベースを発表した。南大通用CEOの劉博氏は、データベース市場の更なる細分化が未来の市場形勢の動向であり、南大通用のGbase 8aは分析型データベース市場で完全なる自主的知的財産権をもたらしたと語った。情報によると、2009年の中国ソフトウェア市場規模は9,970億元(≒1兆3,087億円)に達したが、基盤ソフトウェアの面、特にデータベース分野で、中国市場はオラクル,マイクロソフト,IBMに完全に独占されてしまっている。

0628LUPA-1

分析型データベースはオブジェクト分析が適用されたデータベースで、伝統的なデータベースと異なり、データベース上でオンライン統計,オンラインデータ分析,リアルタイムクエリーなどデータ情報の価値発掘が可能で、データベース製品の中でも重要な分類である。

劉博氏は現在のデータベースの発展状況も紹介したが、彼は、現在の新しい市場では、新しい技術の発展が超巨大データという問題をもたらすが、データベース市場の更なる細分化が未来の市場形勢の動向であると語った。この種のデータベース製品は浸透し始めてきているが、加えて、ビジネスインテリジェンスの発展も分析型データベースの大きなニーズを促進していくものである。

南大通用チーフサイエンティストの武新は、中国のデータベース市場は海外企業の絶対的な独占に遭っており、中でもオラクルのデータベース,マイクロソフトのSQL Server,IBMのDB2はとても大きなシェアを占めていると語った。現在中国では320万台のサーバが運用されている。ほとんどのサーバでデータベースが運用されており、データベースの分野においては、中国は束縛を受けていると言える。

0628LUPA-2

武新氏はまた、国内のデータベースベンダーは皆一般的なデータベースを研究開発するという古い手法を取っているが、知識の蓄積や人材の準備が足りていないので、短期間でオラクルのような巨大母艦級のデータベース企業に対抗していくのは不可能であるとも語った。

劉博氏は最後に、南大通用分析型データベース製品の研究開発を通してレッドオーシャンを飛び出し、新天地を切り開くと語った。

劉博氏は、南大通用はこれからの3年分析型データベースに重点戦略を置き、国内外の高級人材を引き入れ、戦略的にSI事業はしないと同時に、ハードウェアの転売も行わず、アプリケーション開発にも関与せず、Gbase 8aをより良いものにしていくと語った。


【書評】
南大通用社が自社開発製品の分析データベースを発表したのだが、分析型データベースは本文で書かれているとおり、一般的なデータベースとは一線を画す製品であり、データ結合、データ圧縮、並列処理、スナップショットなどに新たな手法を取り入れ、大規模なデータの扱いに優れているとのことである(関連リンク中国語)。導入事例を見てみると国務院、公安部などの中央政府、山東省/天津市などの地方政府など公共機関に多く見受けられるが、今後は金融や通信分野にも適用を図っていきたいと同社は考えているようである。

巨大企業に立ち向かう上で、本文にあった”レッドオーシャンを抜けだし”、というのはブルーオーシャン戦略などで知られる定石ではあるが、利にかなった戦略である。また、SI事業やハードウェアの事業に手を伸ばさず、Gbase 8aの開発に注力していくというのもリソースの集中、一点突破という意味で好感が持てるものである。

中国では現在、基盤ソフトウェア分野の強化は重要課題であり、今回のデータベースの他、オフィスソフトウェアやOSなどが最重要視されている。今まではデータベースに関してはMySQLが取り上げられることが多かったが、オラクルのSun買収に伴い今後が不透明な部分もあり、今後は同Gbase 8に期待が寄せられていく可能性は非常に高い。

今後の南大通用とGbase 8aの動向には注意が必要である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。