スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国龍芯、米MIPS社の株式取得を計画

今回のもとネタはこちら
『龙芯公司计划购买美国MIPS公司的股份』

【翻訳文】
中国科学院コンピュータ研究所が設立した龍芯社は米チップ設計メーカーMIPSの株式20%取得を計画しており、《毎日経済新聞社》が先週報道したところによると、北京政府は龍芯社にMIPS株を20%取得し、代表者を一名役員会に派遣し、役員になるようにと要求しているとのことであった。

2009年6月に、龍芯はMIPS社からMIPS 32と64プロセッサのライセンスを取得したが、これは龍芯プロセッサのアーキテクチャがMIPSのものに非常に似ており(95%)、龍芯製品にMIPS社の権利侵害が疑われていたのが主な原因であった。

MIPS社はチップ設計会社であり、製造は行なっておらず、John Hennessy氏が20年前に設立したが、当時彼はスタンフォード大学の校長であった。MIPSもARM社と同様に、主な作業はメンテナンス,強化,既存MIPSアーキテクチャのライセンス供与である。

MIPS社の市場資産価値は1億ドル前後なので、十分な現金を保有している中国政府に取って20%の株を購入するということは簡単なことである。龍芯のバックボーンとMIPS関連の知的財産権は中国にない発明と創造の一部であり、自主革新的なチップを持つ半導体業界のシンボルとなっていくが、中国国民の誇りを高めてきたい中国政府の、ウィークポイントでもあった。MIPS株の一部を取得することで、中国科学院コンピュータセンターはこの問題を解決し小さな一歩を踏み出すであろう。


【書評】
龍芯が政府の命を受け、MIPS株の取得を計画しているとのことである。龍芯は以前から紹介しているとおり、中国で自主開発されているCPUの名称でもあり、英語名ではLongsonと中国語のピンイン読みそのままで命名されている。
龍芯はスーパーコンピュータへの取り組みが有名ではあるが、自社ブランドの一体型パソコンやネットブックなども発売しており、北京の中関村に専売店を設けているほか(関連記事)、江蘇省政府と組んで小中学校へのコンピュータ普及プロジェクトなども手がけている(関連記事)。

本文にもあったとおり2009年6月にMIPS社からライセンス供与を受けた際は、中国国内でも様々な批判が噴出していたが(関連記事)、その後もクラウドコンピューティングでの利用を主としたブレードサーバ製品を発表するなど、着々と開発は続けられていた(関連記事)。

今回のMIPS株取得はより龍芯の展開を加速させていくために必要となってくるものであるが、先日、MIPS社が発表していた携帯電話やその他モバイルデバイスへの取り組み強化も想定してのことであろう(関連記事)。現在、中国ではiPadでの人気も手伝い、各種様々な企業からAndroidを中心としたタブレット製品が発表されている(関連リンク)。また、スマートTVがTCLから発表されるなど(関連記事)、現在中国で積極的に進められている「三网融合」をテーマとした組み込み製品も開発が盛んになっている。

龍芯のMIPS株取得は利にかなった今後の戦略にも欠かせないものとなりそうだが、MIPS社の反応など今後の展開には継続注視が必要である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。