スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIPSアーキテクチャの携帯を来年発売 Androidでの協業を拡大へ

今回のもとネタはこちら
『MIPS架构手机明年将上市 扩大Android平台合作』

【翻訳文】
MIPS販売戦略ディレクターのKevin Kitagawa氏は北京で、MIPSアーキテクチャベースのスマートフォンが2011年に発売される予定であると発表した。Kevin Kitagawa氏はメディアにMIPSの将来におけるモバイル市場での戦略を紹介した。それによると、LTE,WiMAXなど次世代4Gネットワークでは、MIPSは既存の無線ネットワークで持つ技術的な優位性をいかして、市場参入していくとのことであった。過去のSymbian,Windows Mobileなどのプラットフォームは、ほぼ例外なくARMを利用していた。

しかしAndroidの出現は、MIPSに大きなチャンスを与え、モバイル市場にスムースに参入できるようにした。Androidでは、コスト,機能,性能など多方面な総合的な考慮が可能になり自主的に自身のプロセッサに適合させることが可能になったので、過去のアーキテクチャにあった制限は受けなくなってきている。

MIPSは現在モバイルソリューション方面では既に多くの顧客やパートナーを持っており、3。5Gベースバンドの製品も既に市場で推進している。Kevin Kitagawa氏は、強固な基盤を作っていくために、MIPSは技術が補完できるパートナーと協力していき、ユーザーに更に良いモバイルチップ製品を提供していくと語った。

MIPSはMyriad Groupとも協力しており、MIPSアーキテクチャに最適設計されたDalvik Turboバーチャルマシンを既にリリースしている。Dalvik Turboバーチャルマシンは標準のAndroid Dalvikに代わるもので、MIPSベースの端末でのAndroidアプリの性能を5倍以上にさせるものである。Myriad Groupはグローバルで20億超の携帯にソフトウェアサービスを提供している。

情報によると、MIPSは去年の10月にオープンハンドセットアライアンスに加入したとのことだが、Androidはそのオープンハンドセットアライアンスが開発している。オープンハンドセットアライアンスは45社を超えるITやモバイル系の企業から構成されている。モバイルプロセッサの分野では、ARMとMIPSがモバイル領域のインテルとAMDのようであると例えられている。


【書評】
MIPSが来年はスマートフォン事業に注力していくとのことである。同分野を含めた組み込み系と言われる分野ではARMが圧倒的な市場シェアを取っており、そのためのパソコン業界のインテルとAMDを引き合いに出した文章なのであろう。
しかしMIPSは中国ではそこそこ存在感を示しており、代表的な例で言えば、中国が自主研究開発しているCPUの龍芯に技術供与およびライセンス供与を行っている(関連記事)。今後はその繋がりを足がかりに、中国での適用が拡大しているAndroidのソリューションも強化していくのであろう。中国ではAndroidをベースにしたスマートフォンの広がりだけではなく、セットトップボックス、車載システムなど広がりを見せている他、最近は国内メーカーのTCLがスマートテレビを発表したが、そちらもOSにはAndroidが利用されていると伝えられている(関連記事中国語)。

MIPSが様々なパートナーと協業しながらどのようなAndroidソリューションを提供していくのかに注目していきたいが、タブレットやMIDなど端末、というよりPCの小型化、そしてスマートフォンの台頭などで、IT市場の主役が完全にWintelからこのMIPSやARM、そしてGoogle(Androidなど)、Apple(iPhone,iPadなど)に変わりつつあるし、完全にカヤの外に置かれてしまっている状況も間々ある。今後はこれら”旧勢力”になりつつある両社の巻き返し戦略などにも注目していきたい。

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。