スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国移動、董事会を設置 王建宙氏が董事長、李跃氏が総経理に

今回のもとネタはこちら
『中移动设董事会 王建宙任董事长李跃任总经理』

【翻訳文】
報道官によると、中国移動は5月31日にグループ会社本部で総会を行い、中央組織の責任者が総会上で中国共産党中央委員会と国務院の主導で中国移動通信グループの主な役員人事を決めたと発表したのことだ。

王建宙氏は2004年11月から中国移動通信グループの党総書記,総経理,企業責任者として全面的に管理を行ってきた。現在、中国移動は世界規模でも最大級,ユーザー数が最も多い企業となっている。

以前中国移動通信グループは党総書記と総経理の職を設けていたが、董事会は設けていなかった。国家資産管理委員会が中央企業向けに準備した規範の董事会に対する要求に照らし合わせ、今回中国移動通信グループにも董事会を設置し、董事長と総経理を分けることとなった。

王建宙氏は61歳であり、32年に及ぶ電信業界での豊富な経験を持っている。彼の後任の李跃氏は今年で51歳になり、電信業界で34年を超える経験を持ち、長年に渡り中国移動党のメンバー,副総経理を務め、長年に渡りネットワーク建設計画に携わってきた。現在李跃氏は市場管理,データサービスなどの任務に付いている。

李跃氏は、モバイルインターネット,物聯网,ワイヤレス都市などが急速に発展しているが、これらは多くの新たな機会をもたらしており、中国移動は自身の規模の優位性を継続発揮しながら、管理体制を強化し、新たな成長を遂げられるよう努力していくと語った。

業界関係者は、今回の調整後は、中国移動通信グループの新経営陣は従来からの経営陣と同様に、企業発展戦略や実行の長期連続性に有利でありながら、同時に若返りも図れたと考えている。


【書評】
中国移動通信(チャイナモバイル)グループの経営陣、体制変更である。王建宙氏は本文にもあるとおり、長年に渡り中国移動の顔として内外に存在感を示していたのと、それ以前も中国聯通(チャイナユニコム)の董事長を務めるなど通信業界の顔ともいえる存在であったが、年齢的な要因もあり、若返りを図っていくという流れは以前から噂されていた。中国移動通信は中央企業と呼ばれる国家資産管理委員会の管理下にあり(関連記事)、委員会側の意向も強く反映されたものなのかもしれない。

現在、中国の通信業界は2009年1月に正式ライセンスが発行された3Gビジネスが中心となってはいるが、現時点、3Gユーザーは中国移動、中国聯通、中国電信(チャイナテレコム)をあわせた総数でも1,500万人前後と携帯電話総ユーザー数の7.5億人に比べると非常に少ない数になっており、本格的な普及段階になっているとはお世辞にもいえない状況である(関連記事)。また、携帯電話総ユーザー数において7割強のシェアを占め圧倒的な存在感を見せつけている中国移動も、こと3Gユーザー数となると中国聯通、中国電信に肉薄されている(関連記事)。

今後3Gを推進して行く上では、以前のユーザーアンケートでもモバイルTVやゲーム,音楽といった部分が期待されており、今後はコンテンツビジネスがより一層重要となってくる。また、今後の市場の主役を担うのは80后、90后と呼ばれる1980年、90年以降生まれの若い世代であり、企業としての重厚なイメージから若々しいイメージへの転換も図る意図があったのかもしれない。

新体制となった中国移動が、モバイル端末、サービス、そしてコンテンツなどでどういった新展開を見せていくのかにも要注目である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。