スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトの継続的な権利を守る”取り締まり”:杭州のPCディーラーを提訴

今回のもとネタはこちら
『微软维权“大棒”继续:状告杭州电脑经销商』

【翻訳文】
プレインストールのソフトウェアは、お客がコンピュータを購入後すぐに利用できるようにするための、コンピュータ販売における基本的なサービスである。5月18日の午前8:45、西湖地区裁判所はあるコンピュータソフトウェアに対する著作権侵害の案件を開廷したが、杭州のあるコンピュータディーラーが”サービス”として行っていたことを、マイクロソフトによって法廷に提訴されていたものだ。マイクロソフトは、被告はサムスンノートPCの浙江省での代理店だが、2009年12月に、同社が被告が販売しているサムスンのノートPCに、海賊版ソフトウェアがプレインストールされているのを発見したと語った。

2009年12月13日,12月30日,2010年1月15日に、マイクロソフトは調査員と杭州銭塘の交渉人役場スタッフに6台の異なるパソコンを購入するよう依頼したが、鑑定の結果、6台のコンピュータにはそれぞれ数多くの海賊版ソフトウェアがプレインストールされており、それらにはWindows XP,Microsoft Office 2003などの類のソフトウェアが含まれていた。

昨日の法廷では、マイクロソフトの弁護士は数台のコンピュータを提出し、現場で実際にデモを行っていた。

マイクロソフトは、これらソフトの著作権保有者として、会社の権利が深刻な損害を受けたので、法廷に対し被告の権利侵害を止め、海賊版ソフトウェアのインストールツールを処分し、インストール済みの権利侵害をしているソフトウェアを削除し、損害賠償として61万元(≒820万円)強を支払うように要求した。

被告は、マイクロソフトには海賊版ソフトウェアを鑑定する権利はなく、鑑定報告は国家の知的財産権権威部門から発行されるべきであり、そうでなければプレーヤーが審判員を兼ねているようなものだと異議を唱えた。

双方の激論は2時間に及んだ。

裁判官は休廷を宣言し、時を選んで判決されることとなった。

近年では、マイクロソフトは海賊版ソフトウェアの取り締まりを強化しており、1995年以来、北京,上海,広東で一連の権利侵害に対する訴訟を起こしている。

2003年の下半期、マイクロソフトは杭州の著作権局に60以上の企業及び100以上のインターネットカフェを海賊版Windowsを利用しているとして訴えていた。

このため、杭州の著作権局は13の区(県)市における全てのインターネットカフェを一斉捜査し、海賊版ソフトウェア利用の疑いがあるインターネットカフェに期限付きで、インターネットカフェにインストールされているシステムを正規版に改めるよう通知を出していた。

2009年、杭州市政府とマイクロソフトは戦略的提携の覚書にサインをし、マイクロソフトは杭州市政府が中国で最も良い”知的財産権保護都市”となるよう努力をし、杭州市政府も知的財産権の保護に大きく尽力し、政府,企業および個人が正規版のソフトウェアを利用するよう奨励していくことをコミットした。


【書評】
マイクロソフトは一昨年あたりから海賊版ソフトウェアの取り締まりを強化しており、” トマト花園事件”、”黒デスクトップ事件”(関連記事1関連記事2)や今回と同様に海賊版ソフトウェアを不正にプレインストールし販売していたとして宏図三胞コンピュータに裁判を起こすなどしている(関連記事)。
海賊版ソフトウェアを利用または販売することは違法であり、許されるものではないのは確かであるが、以前も指摘したとおり裁判頼みではこの手の話を根絶やしにすることは不可能であろう(関連記事)。
また、海賊版の利用や再販を仮に根絶やしにできたとしてもマイクロソフトの正規ライセンスが利用されるかは別の問題でもある。というのも、オフィスに関しては様々に国産ベンダーの製品がでてきているし、OSに関してもUbuntuなどの人気も高く、最近ではChrome OSなども非常に注目を集めている。
また、そもそも今後、中国においてパソコンよりもMIDやタブレットもしくはスマートフォンなどモバイルデバイスの躍進がパソコンの普及を確実に上回りそうであり、その分野は世界的に見てもパソコンほどの圧倒的な強みをマイクロソフトは持ち合わせていない。

Web系のサービスが普及しつつあることも、マイクロソフトのライセンスビジネスには非常に影響を能えてもいる。海賊版の取り締まりは当然の権利ではあるが、OSを含めたクライアントソフトウェアで収益をあげていくというビジネスモデル自体の転換点でもあるのかもしれない。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MSI Notebook 15.6インチワイド液晶 Wind C Series CR500 C50T31-HUBS |

MSI Notebook 15.6インチワイド液晶 Wind C Series ...

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。