スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Hat幹部:マイクロソフトのクラウドコンピューティング戦略は競争力を阻害している

今回のもとネタはこちら
『红帽高管:微软封闭云计算策略难具竞争力』

【翻訳文】
5月12日午後のニュース、Red Hat社のエグゼクティブバイスプレジデントで、グローバルセールス,サービス,マーケティング総裁のAlex Pinchev氏は北京でインタビューを受けた際に、オープンで選択肢があるということがRed Hatのクラウド時代における重要な優位性であると語った。

”Red HatとマイクロソフトはVMWareとはまったく異なる。””我々の顧客戦略は、彼らが我々を選ぶことができる、或いは一部として選択することも可能であるということだ。我々の顧客は我々の仮想化だけを選択することも可能であるし、管理システムとしてIBMを利用することも可能なので、以前の投資を無駄にしないで済むようになる。”とAlex Pinchev氏は語り、”我々は、IBMがクラウドプラットフォームのベースを展開し始めた際非常に興奮し、多くの調査研究を行い、すぐに彼らのコア技術を採用することを決めた。”

Alex Pinchev氏は、マイクロソフトのクラウウドコンピューティングがもたらすプレッシャーは感じていないと語った。”マイクロソフトの戦略は非常に単純で、彼らはライバルをロックしたいと考えている。マイクロソフトクラウドコンピューティングのユーザーは一旦彼らの製品を使い出すと、その利用が必須となってしまうので、選択肢がなくなってしまう。このやり方は一部の大規模ユーザーにしかできないことであると考えている。”

”Gartner社のレポートを読んでみれば、90%のクラウドがオープンソースによって構築されていることがわかるはずだ。原因としては主に3つあり、1つ目はコスト、2つ目は拡張性、3つ目は互換性である。”とAlex Pinchev氏は語った。

インタビューがOSでの観点になった際、Alex Pinchev氏は次のように語った。”仮想化は次世代のOSであるが、従来のOS上で機能が実現していることも忘れてはならない。この理論で言えば、2社のみ、マイクロソフトと我々がこの点を達成しているが、我々にはVMwareの仮想化は必要なく、マイクロソフトのOSも必要ない。”

Alex Pinchev氏は、今回の中国訪問で、中国の主だったキャリアとコンタクトを行い、如何にクラウド環境を構築していくかを討論したが、その討論自体はまだ初期段階のものであることを明らかにした。その他いくつかの顧客が、プライベートクラウド環境の構築に興味を示していたとのことである。

Alex Pinchev氏は、セキュリティ、技術の成熟度合い、およびコストが中国のユーザーがクラウドコンピューティングの主な関心事であると断言していた。


【書評】
クラウドコンピューティングにおけるRed Hatの優位性を「”伝統的な”OSを有しており、且つオープンなので構築への柔軟性が高い」ということが語られている。
Red Hatは以前紹介したとおり、中国においてもクラウドコンピューティングのソリューションを積極推進しており、昨年の7月には中国華南地域では初となるクラウドコンピューティングセンターを広東省佛山市南海区に地方政府と共同で建立し、中小企業支援や公共サービスの基盤としていくべく展開している(関連記事)。

中国でのクラウドコンピューティング環境の構築は着々と進められており、LinuxベンダーとしてはRed HatだけでなくNovellも中国聯通のIDCクラウドプラットフォームや(関連記事)、華為の仮想化プラットフォーム(関連記事)、HSBCの基幹システムなどにも導入されている(関連記事)。
また、中国国産CPU龍芯を開発する夢蘭社もブレードサーバとともにクラウドコンピューティング関連のソリューションをリリースするなど、その取り組みを強化している(関連記事)。

中国移動の”ビッグクラウド”プロジェクトをはじめとした通信キャリア(関連記事)、政府が主導する物聯網(関連記事)、これらを代表とした大掛かりなクラウド環境の構築が中国では今後も推進されていきそうである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。