スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adobe、FlashとAirをサポートしたAndroidタブレットを披露

今回のもとネタはこちら
『Adobe展示支持Flash和Air的Android平板』

【翻訳文】
監視機関へ向けた訴状と同時に、Adobeは自身の勢力拡大も忘れずに、サンフランシスコのWeb 2.0 Expo上で、Androidタブレットのプロトタイプを披露したが、それはAdobe FlashとAirをサポートしているものであった。

同機はマルチタッチをサポートしており、Youtubeもスムースに再生できるが、現時点ではブランドやスペックは分かっておらず、ただ下図のとおりの写真があるのみだ。

0507LUPA-1

0507LUPA-2


【書評】
AdobeがAndroidへのソリューションに注力し出している。これはアップル社のiPhone OS 4.0からの開発に対する規制に端を発し、iPhone向けの開発を断念したことが背景となっている(関連記事)。iPhoneとAdobeのFlashをめぐる小競り合い、舌合戦は今なお続いているわけであるが、アップルCEOスティーブジョブズ氏は「(Flashは)クローズドでプロプライエタリな技術だ。なぜなら、FlashはAdobeが支配しているからだ」と語ったそうであるが、”何をかいわんや”である(関連記事)。

話を今回のタブレットに戻すと、同機はTegra 2が搭載されたAndroidタブレットであり、Tegra 2はDELLが来年に発売を予定している7インチAndroidタブレット「LOOKING GLASS」への搭載を予定しているのと(関連記事)、中国の愛国者(aigo)が今年7月に発売予定の7インチAndroidタブレット「aigo N700」に搭載されるなど(関連記事)、Androidタブレットの主流になりそうな勢いを持っている。

AdobeのFlashやAirのAndroidサポートは多くの開発者をAndroidに惹きつけることになるであろうし、既にβテストなども受け付けられてはいるが(関連記事)、まずは近日中にリリースされるといわれているAndroid 2.2(Froyo)に対応し、その他バージョンは後日という形になるのであろう。そこには登場が騒がれ出しているGoogle独自スマートフォンの「Nexus Two」や「Google Tablet」などの登場時期、そしてGoogle I/Oの開催時期などの戦略も見え隠れする。

いずれにしてもGoogle I/O 2010の開催(5月19日~20日)前後は今回のFlashやAir、Android 2.2を含めた動向に要注目である。

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。