スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELLのARM-Androidスマートブック製品ロードマップをリーク

今回のもとネタはこちら
『戴尔ARM-Android平台智能本方案路线图出现』

【翻訳文】
本日の海外メディアのWebサイトがDELLスマートブックの製品計画をリークしていたが、”アテネ”と呼ばれる製品はARMチップとLinux(Android)システムで構成される予定で、興味深いのは、改めて4:3の画面解像度が復活しており、11インチの画面で1024×768の解像度となっており、3GとBluetoothが採用されていることだ。同スマートブックはDELLの2011年第1四半期の発売が見込まれており、その他としては、7インチのタブレットは8月から9月ごろを予定していてる。

0427LUPA


【書評】
DELLのMID、Netbook、タブレット製品のロードマップがリークされた。同図に掲載されている製品はすべて2011年に登場を予定しているものであるが、様々なタイプの製品にAndroidを搭載していこうとしていることが窺える。

DELLがAndroidに取り組んだのは昨年のことで、まずスマートフォンの「DELL Mini 3i」を中国とブラジルに出荷を開始したが(関連記事)、その後も後継製品を発表しており、中国では「Mini 3iW」と「Mini 3T1」を中国移動向けに、そして「Mini 3iX」を中国聯通向けの製品として準備しているのと(関連記事)、米国市場向けには先月「AERO」という製品名でAT&Tとの協業で販売していくことが決まっている(関連リンク)。
また、最近でも今回のロードマップに載っている「Thunder」の他、「Flash」、「Smoke」といった製品のリリース計画がリークされており(関連記事)、同社が非常にAndroidに対し注力していこうとしていることは明らかである。

Androidはスマートフォンから始まり、昨年はモトローラやHTCなどが中心となって市場を賑わせており、DELLなどの従来からのPCメーカーの参入は少数派であったが、今年に入ってからはHPがAndroid搭載ネットブック「Airlife 100」を発表したり(関連記事)、つい先日もASUSなどが7月からAndroidを搭載したタブレット「EeePad」を発売すると発表しているのと(関連記事)、異色という意味ではシスコなどもAndroidタブレットに興味を持っているとの噂もあるように、その裾野を確実に広げている(関連記事)。

今後もどんなメーカーがどのような端末を発表していくのか、非常に楽しみである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TOSHIBA dynabook UX/23JWH ネットブックPC PAUX23JNLWH スノーホワイト |

TOSHIBA dynabook UX/23JWH ネットブックPC PAUX2...

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。