スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux間もなくコンシューマパソコンに進出

今回のもとネタはこちら
『Linux即将进入个人电脑』

【翻訳文】
技術系ブログtechxavによると、最近のグラフィカルインターフェースの改善により、Linuxはオタクの専売特許ではなくなり、コンシューマパソコン分野とマイクロソフトの領域に入ってきつつあるとのことだ。


以下ブログ全文:

Linuxは既にコンシューマコンピュータに進出する準備ができており、この高級OSはオタクの専売特許ではない。最近のグラフィカルインターフェースの改善がLinux Osをさらに高みへと誘っている。

毎日20億近くのユーザーがLinuxを間接的に利用しているにも関わらず、直接コンピュータ上でLinuxを利用している人は少なく、この減少が困惑を産んできた。特にLinuxはウィルス被害が少なくオープンソースの信頼性は強大である。

現在、非常に多くの人がLinuxのグラフィックインターフェースは90年代後期のままであると考えているが、事実はまったく違ったものである。

下図はいくつかの革新的でクールなLinuxディストリビューションのテーマである。

Windows 7スタイル:

0325LUPA-1

アップルスタイル:

0325LUPA-2

もちろん、Linuxは模倣をしているわけではなく、下図2種のデスクトップに2つの特徴を見つけることができる。

KDE:

0325LUPA-3

GNOME:

0325LUPA-4

一部の人はLinuxを個人の”趣味”と批判するが、マイクロソフトのある報告ではLinuxはアップルよりも競争力のあるライバルとされている。何を待っているのであろうか?Linuxは皆を失望させるものではないので、少しの時間を使って試してみていただきたい。


注釈:

デスクトップ環境(Desktop Environment): 簡単なウィンドウマネージャから、KDE或いはGNOMEのような完全なデスクトップアプリケーションスイートもある。

KDE:Kデスクトップ環境(Kool Desktop Environment)の略称である。いくつかのLinux,UnixやBSDなど著名なOSのフリーなグラフィカル作業環境である。

GNOME:GNOMEはオープンソースプロジェクトで、Linuxにユーザーフレンドリーなデスクトップ環境を提供すると同時に、GNOMEはソフトウェアエンジニアに強力なアプリケーションフレームワークを提供している。


【書評】
デスクトップLinux元年と言われて久しいが市販されているパソコンにおいては、今なおWindowsが圧倒的な存在であり、Linuxを利用しているユーザーは数パーセントに止まっている。これは、一般のユーザーに取ってはパソコンを買った時点で入っているOSで事足りるからであり、敢えてOSを変えようという動機というよりきっかけがないことにも起因している。
最近はネットブックでLinuxをプレインストールするメーカーが増えており、またiPadが火をつけた感があるタブレットPCにおいてLinuxまたそれをベースとしたAndroid搭載マシンが増えているので、今後は利用ユーザー増が見込まれる。
実際に利用してみればLinuxはデスクトップ利用には十分に足りる存在になっている。特にビジネスユーザーにおいては、インターネット/メール/オフィス利用が業務の大半であり、それぞれFirefox/Thunderbird/Openoffice.orgなどWindowsに代替できる製品が揃っている。個人のデスクトップ利用はそれぞれの利用範囲が多岐に渡るため、一筋縄ではいかない部分もあるが、最近はWebベースのアプリが増えてきており、OSには依存しないものも多く出てきている。

ただ、先にお話ししたとおり一般のユーザーはわざわざ購入したパソコンのOSを変更するということは考え辛いので、今後もメーカーによるプレインストール拡大がLinuxデスクトップ飛躍の鍵となってくるであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。