スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefox中国語版の新たなスタートページはユーザーエクスペリエンスが向上

今回のもとネタはこちら
『FireFox中文版启动新起始页,提高用户体验』

【翻訳文】
Firefox新中国版のスタートページを利用すると、検索分類に沿って多くの検索エンジンが表示される。

Firefoxを起動した直後に使われているスタートページは、ユーザーに新たなスタートページを体験させ、さらにユーザーエクスペリエンスを向上し、ユーザーに利便性をもたらすものである。

0317Lupa


【書評】
Firefoxの中国語ページが新たにカスタマイズされた、実際にイメージを見てみるとメニューもすっきりしており、Googleだけなく百度(Baidu)の検索エンジンも備えられている。本文上はイメージだけであるが、実際にデモサイトをオープンしており今回用意された新スタートページを体験してみることもできる(関連リンク)。

現在検索はワールドワイドで見た際にはGoogleが圧倒的であるが、最近は変化の兆しも見せており、例えばUbuntuは来月リリース予定の10.4バージョンからFirefoxのデフォルト検索をGoogleからYahoo!に変更することを表明したのと(関連記事)、モバイル検索ではあるがモトローラが中国で発売する携帯電話にはGoogleの検索ではなく、Bingがデフォルトになることも発表された(関連記事)。
端末やOSに同梱され、デフォルトとなる検索エンジンは通常のソフトウェアをバンドルする際とは逆に、バンドルしてもらう検索エンジン提供側がユーザー数や実際に検索が行われた回数などを条件に費用を支払うことになり、実際Firefoxも運営のほぼ大半をこの収入によってまかなっている(関連記事)。Googleは自社でChromeブラウザをリリースしているため、今後バッティングが多くなることも予想され、そういった意味では、Googleからシェアを取っていきたいマイクロソフトのBingやYahoo!などとFirefoxが提携していくということも十分に考えられる。

世界シェアでは25%程度まで上昇してきたFirefoxであるが、中国ではまだ2%台のシェアと伸び悩んでいる(関連記事)。今後、今回の新スタートページに含まれた百度(Baidu)とともに、中国で新たな展開を見せていく可能性も十分にあり得るであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。