スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Androidの発展は急速、Nexus Oneの販売数については満足

今回のもとネタはこちら
『Android发展迅速,谷歌对Nexus One销量满意』

【翻訳文】
モバイルアプリケーション調査会社のFlurry社は、GoogleのNexus Oneは発売後74日間で13.5万台しか売れなかったと発表した。同じく74日間で、iPhoneが2007年に初めて発売された際は、100万台発売された。Nexus Oneと同様にAndroidベースのDroidの発売数は105万台であった。Nexus OneはHTCからOEM供給され、1月に正式発売されたが、これはインターネット検索会社が直接消費者にハードウェアデバイスを供給していくという意味合いがあった。

しかしNexus OneとアップルiPhoneやモトローラのDroidは異なり、オンライン上のみで販売されており、実際の小売店で購入することはできない。広告の面でも、iPhone,Droidは勢いよくテレビなどで宣伝しているのに比べ、Googleはネットワーク上で行なっているだけである。

Kaufman Brothers社アナリストのAaron Kessler氏は、Googleは135,000台以上のNexus Oneを発売できたはずだと考えている。彼は次のように語った:”明らかに、Googleはあまりマーケティングにお金を使っておらず、あまり期待していないようにも見える。”しかし彼は、Googleには同携帯電話を販売するに止まらない大きなモバイル戦略があり、様々な地域の様々なメーカーにAndroidを利用してほしいと考えているとも指摘した。


Androidの市場シェアは急速に成長

comStore社の最新レポートによると、1月にAndroidの米国市場シェアは7.1%まで成長したが、2009年10月時点ではわずか2.8%であったとのことだ。対照的に、アップルの市場シェア成長速度は非常に遅く、1月の市場シェアは25.1%だったが、これは2009年10月の24.8%と比較して0.3%の成長に止まっている。

Nexus Oneが発売された1月に、Googleエンジニアリング副社長でAndroidの父であるAndy Rubin氏は著名な技術系ブログのGigaOMに対して、同社はNexus Oneを15万台発売する計画であると語った。しかしその時に具体的な期限は出ておらず、当然”74日間”ということも明示されていなかった。その点からは、Nexus OneはGoogleの目標見込みを達成するという、大きな成功は収めているのかもしれない。

Googleはある電子メールでのやり取りの中で、同社はNexus Oneの販売数及び顧客の評価には満足しているとも語っていた。Googleのパートナーは日々6万台のAndroid搭載携帯を発売しているが、3ヶ月前この数字はたった3万台であった。


【書評】
Nexus Oneの販売数が発売から74日間で135,000台であったとのことである。これを”だけ”ととらえるか”初回なのでこんなもの”ととらえるかで意見が分かれているが、多くのWebメディアを見ていると”だけ”という風潮が強いように感じる。ただ、もう1つ気にしないといけないのはNexus Oneは発売後1ヶ月で8万台販売されているので(関連記事)、残りの43もしくは44日では5.5万台とペースを落としているということである。

確かに、新製品を発売した際に発売当初に瞬間風速が吹き、徐々に販売ペースは落ち着いていくのが常ではある。ただこれが本文で説明のあった”まだ販売に対して本腰を入れていないから”なのであれば良いのだが、”Googleブランドのスーパーフォン(関連記事)”が欲しいというユーザーに行き渡っており、その壁を超えられないのであれば今後、販売手段が多くなっても劇的な販売数上昇は見込めないのかもしれない。
確かにGoogleが自社ブランドを出すといった昨年末から1月初旬まではNexus Oneの仕様(スペック)は頭一歩リードしているものであったが、現時点では、CPUが1GHzを超え、Android 2.1が搭載されている端末が出揃い始めている。

Google独自ブランド端末の第2弾、いわゆる”Nexus Two”の噂もちらほら聞こえてくるが、今後も自社ブランド端末の販売促進と、Androidビジネスパートナーとの連携という、ともすればコンフリクトを引き起こし兼ねない展開をバランス良く行なっていく必要があるであろう。今後Googleがその点をどう展開していくのかにも要注目である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。