スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛国者(aigo)Linuxベースの電話機能付きMIDを発売

今回のもとネタはこちら
『爱国者推Linux平台MID可打电话』

【翻訳文】
先日、愛国者はLinuxベースのWiFiチップを搭載したMID新製品”愛国者(aigo)MID N500”を発売した。Linuxプラットフォーム上で、PCで行えるすべての機能をN500は実現している。中国電信の189UIMカードを挿入した際には、N500を3Gテレビ電話携帯としても利用可能で、”ページをスライドさせる”タッチスクリーンとアイボリー色なデザインは、大きめなiPhoneのようにも見え、愛国者はこの4.3インチのタッチスクリーンMIDを全く新しいスマートフォンに変わる製品と位置づけている。

0225LUPA


【書評】
愛国者(aigo)はMP3プレーヤーから始まり、デジタルカメラやデジタルフォトフレームや携帯電話、そして今回のMID製品などコンシューマ向け製品を生産している北京に本社をおく企業である。プロモーションなども積極的に行っており、長らくF1のマクラーレンなどのスポンサーにもなっているのと、海外展開も行っており、シンガポールとヨーロッパ地域ではフランスに拠点を設けている(関連リンク)。
今回、愛国者が発売したMID製品はMaemoベースの製品であるが、Maemoは先のMobile World CongressでインテルやLinux Foundationが中心となって推進しているMoblinとの統合が発表され、新たに”MeeGo”としてスタートを切ることになった(関連リンク)。今後は、今回のMID製品だけでなく携帯電話やデジタル家電などへの進出を目論んでおり、主流になりつつあるAndroidの対抗馬になっていけるかが注目されている。

従来MoblinはPC向けデスクトップLinuxとして推進されていたが、今一歩ブレークしきれていなかったのと、昨今はMobileデバイスが台頭してきており、同分野での推進を強化していく必要があったことと、昨年のインテルとノキアの提携の一環として今回のMeeGoが誕生したといったところだが、もう一方のMaemoはノキア携帯のN900に搭載されているのと、中国でも同じくMID製品がOptima社から既に発売されるなど徐々に存在感を出しつつはあったが(関連記事)、更なる飛躍には次なる手が必要であったということもあるのだろう。

統合がスムースに進んでいくのかとアプリケーション開発者をどのように惹きつけていくのかにも注目したいが、Symbianも完全オープンソースになることが決定したため(関連記事)、Androidを含めたiPhone、BlackBerryなどとの”オープン V.S. クローズ”という図式がどう展開されていくのかにも注目していきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。