スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Novell HSBCのシステム相互運用性向上をサポート

今回のもとネタはこちら
『Novell助汇丰银行提升系统互操作性 』

【翻訳文】
香港HSBCの本社はロンドンに位置し、その国際的なネットワークは76カ国、284,000名の行員、9,500箇所の事務所を有している。香港HSBCは1.25億人もの顧客を有し、その中の2,500万人の顧客が既にオンラインバンキングに登録している。HSBCは広範な銀行業務が提供可能で、その中には個人向け金融サービス, 商業銀行, 企業・投資銀行業務および市場, 民間銀行およびその他業務活動などが含まれる。


挑戦

”相互運用性”の問題はずっと多くの顧客の注目の的である。むりやりアップグレードすることは保管データ, 技術的見通しの未知な部分, 不安定性およびインストールと維持の難しさなどで、全てのユーザーをやきもきさせる。ソフトウェアの相互運用性を解決することは、当面の急務になっており、またさしあたりソフトウェア産業発展の中の技術潮流である。Linuxと現有するMicrosoft Windowsインフラとの相互運用性の調整もHSBCの切迫した必要事項であった。

以前HSBCはLinuxシステムを選択したが、組織全体で異なる発行システムを使っていたため、標準が欠落しておりLinuxの所有コストが相対的に高くなってしまった。新しいアプリケーションプログラムを採用したとき、HSBCはアプリケーションプログラムだけでなく各種コンポーネントの最適化を図る必要があった。自社で定義したレベルおよび特定のアプリケーションプログラムあるいはハードウェア要求がコストを大幅に高くさせていた。これらの費用は単に初期コンポーネントから来るものだけではなく、継続した管理と維持も含まれている。

金融サービス機関として、HSBCのITシステムは業務展開の中核システムだ。これらのサーバーの安定性, 信頼性と100%の正常な稼働時間はHSBCの業務展開と保持に重要な意義を持っている。HSBCが現在持っているサーバーOSは、安定性とセキュリティは人々を満足させられるものではなく、システムの安定性とセキュリティの下降はメンテナンス業務に責任を持つITスタッフに更に多くのプレッシャーと仕事量をもたらす。


ソリューション

一連の考察, 論証とテストの後、香港HSBCは日増しに人気が高まるMicrosoftとNovellが提携協業するグローバル化された会社のプログラムを利用し、MicrosoftとNovellの提携協業から利益を得た。

”MicrosoftとNovellのこの合意はある種の触媒だ。我々が利用しているエンタープライズレベルのサーバーSUSE Linux EnterpriseはLinuxインフラに対し標準化を進め、同時にMicrosoft Active Directoryの継続利用の拡大時に、Linux環境の複雑さを軽減することを助けた。”と香港HSBCグローバルIT分散システム運営部門責任者のMatthew O'Neill 氏は述べた。”我々はMicrosoft社とNovell社の共同提携を使って我々の混在環境を簡素化することを決定し、これはすぐに我々のコストと複雑性を低下させた。これがNovell社を最優先のLinuxパートナーとした原因で、引き続き我々のLinuxインフラを発展させてくれる。”

”更に多くの標準化作業を試してみて、我々の努力目標は事実上これらの傾向を転換させることであり、これは我々の基準のコンポーネントで、我々が最高のサービス水準を提供し内部固定費用を最大限下げるツールでもある。我々は定期的に技術作業の展開状況と技術の内部価格算定方式を検査している。我々は、ここで費やすコストは所有するLinux環境サポートのコストを上回っていることを知っている。事実上、MicrosoftとNovellの製品はこの問題の解決に絶好の機会をもたらしてくれた。”とMatthew O'Neill 氏は語る。

同時に、Novellはコンサルタントとしての職責も担当している。また一番目のコンサルタントの提供ベンダーでもあり、HSBCに更に多くの専門的なサービスも提供している。相互運用性の強化は更なる安定性, 信頼性, セキュリティの要求に対しHSBCを大いに満足させた。

HSBCとNovellの合意内容はLinuxサーバーコンポーネントが到達すべき目標であり、企業全体の中でSUSE Linuxで標準化が実現される。今後3年間で、HSBCは各サーバーと接触する機会が非常に多くあるだろう。


成果

Microsoft/Novellとの契約締結を通して、HSBCはLinux総所有コスト(TCO)を低減し、Linux導入と標準のマイクロソフトのインフラ設備との間のより良い相互運用性を獲得した。エンタープライズレベルのサーバーであるSUSE Linux Enterpirse Server上でのLinuxの標準化はHSBCの強固な基盤となり、Windows環境とのシームレスな統合が行われた。

HSBCはちょうど全世界的なActive Directoryインフラのリリースが完了した。このインフラはキーとなるコンポーネントをシステムの中で多く利用するので、管理コストを下げることに役立つ。HSBCの社内ユーザーの利便性向上は、関係者をシステム間を行き来することを可能にさせ、絶えず異なるユーザーIDとパスワードを覚えておく必要をなくす。


未来への期待

Novell社とMicrosoft社との提携作業は、共同でソリューションを確立しサポートし、相互運用性を高めるために、新しく強大な仮想化性能を生み出し、これもユーザーにさらに大きな利益をもたらしている。データセンターでは、更に多くのSUSE Linux Enterpriseが利用され、あわせてマイクロソフトWindows環境との完璧な統合が行われるので、アプリケーション導入がさらに増加し、会社の競争優位性を高めている。

数々のユーザーと同様に、HSBCがより関心を示しているのは仮想化と更に多くなるリソース共有の問題だ。仮想化の観点から言えば、企業はWindowsの仮想化技術を利用した数々の作業は完成させているが、彼らはLinuxの仮想化技術を利用した同様な作業は完了していない。ユーザーが知りたいのは2つの作業を一台のサーバー上に集約できるか否かであり、同一ハードウェア上にあるわずかに違うプロセスを利用することでわずかな差異に抑えるための問題解決に集中することだ。


【書評】
今回の話題は相互運用性についてである。MicrosoftとNovellは相互運用性を高めるためにパートナーシップを2006年11月に締結した(関連記事)。その後、相互運用性向上のためのラボを開設したり(関連記事)、MicrosoftがNovell製品を販売するなどが行われ(関連記事)、相互運用性専用サイトも開設されている(関連サイト)。実績面でも本文にあるHSBCに限らず、BMW,ルノーなど大手企業に採用されている(関連サイト)。
昨今の企業ITシステムを見ても、単一のOSと言う状況は非常に少なくなってきており、相互運用性の向上が情報システム部門の最大の課題になっている。本取り組みだけでなく、今後も仮想化をはじめとした相互運用性を高める取り組みが数多く出てくるであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。