スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Symbian今年前半に全ソースコードのオープン化を計画

今回のもとネタはこちら
『Symbian预计今年上半年开放全部源代码』

【翻訳文】
Symbianファウンデーションは数日前に、同ファウンデーションは近々SymbianプラットフォームV3とV4をリリースする予定だが、その中で、V3バージョンはすべての機能が来月中には完成する見込みであると発表した。ノキアはSymbianの株式をすべて購入し、Symbianをオープンで無償なモバイルプラットフォームとして公開しようとしている。計画では、同OSは今年の前半には全ソースコードがオープン化されるとのことである。Symbianの広報によると、SymbianプラットフォームV3バージョンは今年の第1四半期には正式にリリースされ、V4バージョンは年末までに完成する見込みであるとのことだ。Symbianはノキア,サムスン,ソニーエリクソンなどが発売する携帯電話で数多くサポートされている。

時を同じく、Symbianプラットフォームは強烈な競争に直面しており、アップル社のiPhone,GoogleがリリースしたAndroid及びRIMのBlackBerryすべてから挑戦を受け始めている。

Symbianプラットフォームバージョン管理チームの責任者は、SymbianプラットフォームV3は複数のメインページを提供し、高精細ビデオのサポート機能を有しており、2GBを超えるファイルを保存でき、V3バージョンはすべてがワンクリックで簡単なダイアログボックスを提供できると語った。Symbianプラットフォームのもう1つの特徴はHDMIオーディオ,ビデオ,画像のプラグインフレームワークで連絡先を探せるようになることだ。

現在、SymbianプラットフォームV3の進展は順調で、同時にSymbianプラットフォームV4は既に計画をスタートさせているが、V4バージョンは主にUI環境に徹底的な修正を行うが、それにはISBカメラAPIのリファレンス実装も含まれている。

Symbianプラットフォームは普通のPCの開発環境でカメラ系アプリケーションの開発ができ、現在、Symbianプラットフォーム上ではハードウェア環境のテストだけを行えば良い。

その他拡張機能にはローレベルの地理コーディングフレームワークやBluetoothインターフェースを直接サポートするAPIも含まれている。V4バージョンはQtの位置情報インターフェースアプリケーションもサポートし、マルチコアプロセッサでの並列処理も優先考慮されている。


【書評】
Symbianがいよいよフルオープンソース化されることになりそうだ。現在、SymbianはOSと言う観点で見た際には、世界の携帯電話市場でトップを走っている。ただ、現在取り巻く環境は良くない。最大の支持者であるNokia自身が携帯電話、特にスマートフォン市場でiPhoneやBlackBerryそしてAndroidにシェアを侵食され続けているのと、N900が試験的な位置づけとはいえ今後はSymbianのみならずMaemoもハイエンドモデルを中心に推進していくことを表明しているため大きな伸びは望めそうにない。
また、本文にもあがったサムスンは今後スマートフォンに非常に力をいれていくが、そこではまずはAndroid、そしてつい先月発表した自社開発OSのBadaを推進し、SymbianやWindows Mobileは縮小してくことを明らかにしているのと、ソニーエリクソンもAndroid端末を出してきて今後の売れ行き次第では一気にそちらに舵を切る可能性も高い。
iPhoneやBlackBerryの台頭で絶対的優位性がぐらつき始め、Androidの登場で市場のルールが変わりつつあったわけだが、このオープンソース化が後1年早ければ、今の下降する流れを止められたかもしれないが、現時点、オープンソース化だけでは、その他プラットフォームの勢いは止められないであろう。

以前からSymbianファウンデーションのパートナーリングのまずさを指摘してきたが(関連記事)、オープンソース化だけに止まらない抜本的なパートナープログラムの改革も必要と考えている。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。