スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンソースミドルウェアの優位性

今回のもとネタはこちら
『开源中间件的主流优势』

【翻訳文】
Apacheは600名の正式なコードメンテナー,幅広いボランティア開発者を有するとても優れたオープンソースのグループで、先進的な開発メカニズム(オープンソースコミュニティ,”Help”或いはインキュベータ,トップレベルの開発プロジェクトと開発環境)を有しており、輝かしい業績をあげている。皆さんが開発されたオープンソースミドルウェア(ソフトウェア)、Apache,Tomcatは、Webサーバ,アプリケーションサーバなどに配置され、幅広いネットワーク(インターネットを含め)で利用されており、安定した品質,高い信頼性,高い柔軟性,スケーラビリティ,低コストなどの優位性があり、1995年以来、長期に渡って主要な地位と競争優位性を維持しており、オープンソースソフトウェア繁栄のため奮闘しているが、これは容易なことではなかったはずだ。

よく知られているとおり、オープンソースのLAMPアーキテクチャ(LはLinux OS、AはApacheオープンソースミドルウェア、MはMySQLオープンソースデータベース、PはPHP,Perl,Python,Rubyなどハイパーテキスト言語)が突出しだしており、IBM,Sunが主導するJ2EEフレームワーク(Javaプログラム)とマイクロソフトが主導する.Netフレームワーク(C#言語)とあわせ三権分立状態の競争の構えを見せている(過去から私はユーザーも自身のニーズに基づき、様々なフレームワークを採用しているので、これが競争と協調という構造を形成していると主張していた)。LAMPも一種の情報化ソリューションであり、Apacheの強みがLAMPの優位性を更に高いものにしている。ずっと前に、米政府がオープンソースコードを採用しホワイトハウスのWebサイトを構築したが、それはLAMPプラットフォーム上で運用されているが、彼らはLAMPのセキュリティ,スピード,柔軟性を考慮したと言われ、いかなる民間メーカーにも依存しないという特徴も持っている。

下記にオープンソース全体の発展の背景を簡単に紹介したいと思う。

(1)Linux OS
2008年世界のサーバOSの市場シェアは次のとおりであった:Linux 25%、Windows 64%、Unix 11%。中国は次のとおりである:Linux 12%、Windows 48 %、Unix 40%。サーバ,インターネット,モバイルコンピューティング,ハイパフォーマンスコンピューティング,クラウドコンピューティングの領域では、Linuxは既に主流になっている。スマートフォンのLinux化とファッショントレンド化は既に発展傾向にある。

私は過去からずっと”デスクトップLinux”がLinux発展のウィークポイントであると提唱しきたが、今年は”Linuxデスクトップの年”であり、デスクトップLinuxはまさに離陸しようとしている(進行中);海外の市場調査会社が必ず指摘するのが、通常”Web端末”のデータが”デスクトップ端末”のデータに取って代わってしまっており、多くの誤解を生んでいるが、マイクロソフトCEOのSteve Ballmer氏も都合の良い事実を例にだし、彼は”マイクロソフト独自の調査研究によると、Linuxのビジネス及びホームユースのPCにおけるシェアはアップルのMac OS-Xと似たものである”と語っているが、現在”デスクトップLinuxの市場シェアは1~2%ではなく5%前後である。ちなみに、ネットブックはLinuxの発展を多いに支えているが、年初に米国NPD Groupと言う市場調査会社も誤解を与えており、彼らは”現在90%のネットブックにWindows XPがインストールされている”と言ったが、NPDの調査には大きく3つの間違いがあり、1つ目はWebサイトによる調査であったということ、2つ目は米国だけの市場調査であること、3つ目は2008年11月から2009年1月までだけの調査であったということがあげられる。ABIのデータによると2009年3,500万台のネットブックを見た場合、68%にWindowsがインストールされ32%にLinuxがインストールされているとなっている。

(2)Apacheオープンソースミドルウェア
Apacheの市場シェアは以前にもお伝えしたが、今回はApacheの中国における普及状況を紹介する。

Www.mexen.netの統計によると、2005年中国では、ApacheはWebサーバ市場で17.65%の占有率(全世界の国別統計で後ろから2番目)であったが、2007年9月にはApacheは24.22%を占めるまでに上昇し、2008年は30%前後にまで上昇している。金蝶社が開発したオープンソースミドルウェアは量産,適用の段階にある。オープンソースミドルウェアは優位性をもっており、今後どのように拡大しより強力にしていくかが問題になっている。

(3)FirefoxオープンソースWebブラウザ
Firefoxの世界での成長は非常に早く、今年の10月の統計では、市場シェアは24%になっているが(マイクロソフトのIEは64.7%)、中国国内のシェアは5~6%程度である。Firefoxの国内市場における潜在力を掘り起こすためには、技術や政策措置について対処していく必要がある。

(4)MySQLオープンソースデータベース
ここ数年MySQLは中国国内市場で急速に発展している。MySQL(コミュニティ版)は2006年の全世界でのダウンロード数が1.1億件あり、中国では250万件あり、世界の2.3%を占めていた;MySQL(商用版)は国内で2,000セット販売され、これは世界の2.5%を占めていた。PostgreSQLオープンソースデータベースも中国国内において広範な適用がなされている。

(5)オフィススィート
2008年中国国内のオフィススイート販売数は80万件で、1.2億元にもなり(2007年と同じレベル)、一定の規模を持っている。その他、2008年中国国内でOpenOffice.orgは230万回無償ダウンロードされたが、これは全世界ダウンロード数の2.3%にあたる。

(6)PHP,Perl,Python,Rubyなどハイパーテキストプログラミング言語
2007年、PHPの中国市場のシェアは23.17%であり、全世界の国別ランキングでは真ん中くらいであったが、米国(21.27%),英国(17.93%),日本(10.56%)よりは高く、Perl,Pythonも中国国内で広く適用されている;最近出てきたRubyは、創始者の松本氏が今年5月に上海にきて交流を行い、現在は国内でも適用され始めている。


【書評】
本文は先月北京で行われた2009年Apacheのイベントが行われた際の中国オープンソース連盟主席陸首群氏の講演の抜粋である。
今回はApacheなどオープンソース利用状況の数字が並んだが、数を見てもらえばおわかりいただけると思うが、中国においてオープンソースの適用はまだまだ発展段階にある。それを顕著に表しているのが、MySQLやOpenOffice.orgでの世界のダウンロード数における割合が2%強であると言う事実である。世界における国別人口比率と比べるのは滑稽かもしれないが、10数%を占める割合と比しても非常に少ない。
OSに関しても市場シェアの傾向に特徴があり、Unixの利用率が非常に高いことがわかるが、これはIBMのAIX、SunのSolarisなどが数多く導入されているからであろう。したがって、今後Linux関連ベンダーとしてはUnixからのマイグレーション、と言う日本では既に確立されつつある移行ソリューションが展開として面白くなってくるのかもしれない。
また、本文にもあったとおりモバイル分野においても広い意味でAndroidを含めたLinux OSは何回かお伝えしているとおり中国市場で適用が加速しており、クラウドコンピューティングのプラットフォームと並んで大きなトレンドとなっている。

今後は中国のオープンソース利用率が上昇カーブを描いていけるのかと、Unixからのマイグレーション、モバイル/クラウドへの適用といったところに注目していきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。