スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の3つの主要施策がフリーソフトウェア産業の発展を支援

今回のもとネタはこちら
『台湾三大措施助自由软件产业发展』

【翻訳文】
台湾のIT産業はかなり発達しており、IDCのデータによると、2008年世界の72%以上の電子製品が台湾企業に加工され市場に出荷されたとのことである。OSSS.CNオープンソースコミュニティは、台湾でIT電子製品が発展すると同時に、かなりソフトウェア産業の発展、特にフリーソフトウェア産業の発展を重要視しており、台湾のコマーシャルタイムズ紙の報道で、台湾は3つの主軸となるフリーソフトウェア産業推進策を打ち出していることを発見した。それぞれは”環境面:健全な発展環境,ベンチマーク面:ベンチマークモデルの確立,産業面:産業をリードするエネルギー”である。

ここ数年世界中で”オープンソースコード”の活動が巻き起こっており、現在25ヶ国が70余りの不利ソフトウェアに関する法案,政策,声明を出しており、フリーソフトウェアの幅広い発展は各国政府が重要視しているように見える。

企業が多元化するソフトウェア製品を提供し、コストを削減し、且つ台湾ソフトウェア産業の競争力を向上させるために、経済部工業局は”フリーソフトウェア産業応用推進計画”を打ち出し、計画を実行し、台湾のフリーソフトウェア産業の発展及び台湾のフリーソフトウェア適用の促進を深めるため、情報共有と交流の実現を希望している。

フリーソフトウェア産業は情報関連産業及び情報サービスに活況を呈すと言う意義を持っており、台湾全体の産業競争力における重要な基盤プラットフォームの1つでもある。したがって台湾のフリーソフトウェアが良い環境に発展すれば、同時に台湾のソフトウェア設計研究開発力も向上し、ハイテク及び高付加価値産業の最重要な力となるのである。

この計画の主軸は”環境面:健全な発展環境,ベンチマーク面:ベンチマークモデルの確立,産業面:産業をリードするエネルギー”と言う三本柱であり、目的はフリーソフトウェアの利用と適用を加速させることで、MICの統計によると、現在台湾の中小企業のフリーソフトウェア或いはサービスの利用は38.4%に達し、大企業の比率も24%に達し、評価目的の企業も13%おり、近年フリーソフトウェアの大規模導入事例があり、政府機関では宜蘭,花蓮,台東などの3県、企業では例えば慈済財団や聯合報系などが、既にフリーソフトウェア或いはサービスを採用しているので、フリーソフトウェアは既にエンジニアやコミュニティ間での伝搬というだけでなく、広範な適用が各分野で行われているということを証明している。

しかし金融危機の影響を受けたため、2009年フリーソフトウェアの成長は減速し、2009年の台湾フリーソフトウェアとサービスの生産額は130億台湾ドル(≒350億円)に達し、2008年と比べ2.7%成長だったが、メーカーは一般的には2010年の景気回復を楽観視しており、開発への投資を継続し、例えばコンシューマ電子製品のNetbookや電子ブックなどで、或いは企業の適用分野においては、Netbookの例を取ると、百資(Linpus),Acer,Asus,MSIなどは皆開発に投資をし、Netbookは2009年に世界全体の出荷量が2,640万台と見込まれているが、これはノートブック全体の20%にあたり、台湾の企業はそのうち70%を占め、Netbookは未来4年間の成長率は140%と見込まれており、国際的な大企業のIntel,Googleなども同分野を非常に重要視しており、相次いでMoblin,Google Chrome OSなどのオープンプラットフォームアーキテクチャを発表し、台湾企業と協力して、将来的には協力会社の役割を演じられるように計画し、業界連合,標準制定,テスト検証,動向研究などの作業に継続的に力を注いでいる。

”フリーソフトウェア産業適用推進計画”の実行は、産官学のリソースとパワーを融合し、台湾メーカーによるフリーソフトウェア及びアプリケーションの研究開発を奨励し、豊かな業界サービスのシステム,製品の自主的な高付加価値の構築と国際的な知名度を打ち立て、台湾のフリーソフトウェア産業に最適な発展という究極の目標を達成するものである。


【書評】
台湾は本文にも書かれているとおり、電子製品特にコンピュータ分野においては世界をリードするメーカーが多数あり、現在のコンピュータ業界を牽引していると言っても過言ではない。以前の台湾メーカーはどちらかというと有名ブランドへのOEM提供もしくは部品提供と言う役割が多かったが、現在は自社ブランドで特にネットブックにおいては既存の有名ブランドを凌駕する勢いを見せている。これはコンピュータに関するイベントにも如実に現れており、毎年台北で開かれるCOMPUTEXには大小多数の企業が出典をし、またその来場者も世界各国から足を運んでいる。
ただ、台湾はどちらかというとハードウェア産業が先行しているイメージがあり、ソフトウェア部分については後手に回っていたように思う。そこにフリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアが台頭してくることにより、より完成度の高い製品を提供できるようになる。
本文に出ていたネットブックはUbuntuをはじめとしたLinux及びAndroidそして来年後半に登場が予定されているChrome OSなどがあり、Androidや組み込み系のLinuxなどは携帯電話、スマートフォン、その他家電にまで適用分野を広げられる。
産業の発展には産官学の連携が必須であり、その1つでも欠けてしまうと成長の輪がうまくまわらなくなってしまう。今後、本文で掲げられている3つの施策がどういった展開を見せていくのかに要注目である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。