スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中標軟件 長城製造とLinuxネットブックを300万台販売

今回のもとネタはこちら
『中标软件携长城打造Linux上网本销受300万』

【翻訳文】
ネットブック市場の爆発的な人気に伴って、この製品はパソコン市場で最も急速に成長している分野になっていて、最近耳に入ってきたのは、中標軟件はIntel、長城コンピュータと連携してLinuxネットブックの販売量を短期間の間に激増させ、中標軟件が明らかにしたところによると、国産の中標普華LinuxはネットブックおよびMIDの累計販売が300万台に達したとのことだ。そのなかで、ネットブック需要の急増はLinuxモバイル技術の普及を大きく推進した。

ネットブックは、その名のとおり、7~10インチ程度の大きさで、インターネットアクセス、メール送受信、メディアや音楽のストリーミングなどの機能を備えている。それの市場での位置づけは以下のとおり : 一番目はビジネスマンにとっての2台目、3台目のノートパソコン。二番目は若者グループや学生のインターネット上での学習と応用を便利にする。また三番目に入るのは、特殊なビジネスマン、たとえば記者や地質探査者などよく出張がある人々と、インターネット上で株の投資をしている家庭の主婦でさえ”ネットブック”のターゲットだ。四番目は流行を追いかける、旅好きで、目新しい物好きなグループだ。

報告によると、このネットブックの中にある中標普華Linux LiteデスクトップOSはネットブックの需要量によってカスタマイズされ作られるので、Linuxの価格上絶対的なコスト削減の優位性があり、Linuxのセキュリティ性、安定性などの特徴と斬新的なインターフェース、見るもの聞くものすべて新しく体験させる機能を併せ持つ。ネットブックの中で比較しても、中標普華Linux LiteデスクトップOSはIntel Atomプロセッサと長城社ハードウェアを組み合わせて、省エネ、速さ、軽量などの優位性を備えている。ネットブックの中でその他比較しても、筆者は3つの賞賛すべき設計をみつけた : まず、頂部の革新的なナビゲーションは ユーザーがインターネット、オフィス、映像や音楽を切り替えるのを便利にする ; その次は、それぞれのユーザーのネットブックへの異なる要求のために、中標普華Linux LiteデスクトップOSはユーザーに強大でわかりやすいカスタマイズツールを提供している ; もう1つは、便利で速い電子メール、インターネット通信プログラムのQQ、MSN、強大なメディアプレーヤーなどユーザーが日々学習していくうえで十分なサポートをする実用的な機能を備えたアプリケーションが豊富にあることだ。

Linuxネットブックの身を持った体験を通して、筆者はLinuxの日ごとの成熟を見て、ユーザー拡大を進めており、我々はこの寒い冬が信じられないくらいに、Linuxネットブックは春先の地下鉄に乗っている感じを受ける。PC市場の扉を開こう。未来のPC市場の発展動向は小さなスクリーン、最も速い速度、いつでもどこでもインターネットができ、この様な環境が人々の未来の生活と仕事の方式を変えていくのであろう。


【書評】
昨日に続き、ネットブックの販売が好調であることを示している記事。この状況は中国に限らず、世界でも同様な傾向にあるらしい(関連記事)。ネットブックはその特性上、アプリケーションの豊富さより快適で簡単な操作が求められる。その点では、Windows(特にVista)よりLinuxに優位点があるのは価格面、セキュリティ面の優位性を出すまでもなく明らかであろう。最近、街のパソコンショップでも本当に多くのネットブック、MID製品を見かけるし、私の中国での友人も数多く使っている。今後も躍進を続けるであろうネットブックには注意を払っていきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。