スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアの校内Linux推進計画は難産の恐れ

今回のもとネタはこちら
『Linux俄罗斯校园推广计划恐将难产』

【翻訳文】
マイクロソフトは最近オープンソースOSのLinuxへの攻撃においては一定の成果をあげているようで、ロシアではかつて校内で無償のオープンソースLinux OS及びその関連ソフトウェアを推進する計画があったが、ロシアの地元新聞の最近の報道によると、同プロジェクト責任者のAlexei Kuzovkin氏はこの計画が難産になる恐れがあると語ったとのことだ。

1118russia

彼は計画の推進が難産になる原因はターゲットにしている学校が移行するために必要な資金に乏しいためで、今年の年初から開始した、同計画推進のための募金金額を3回も引き下げることになったと語った。

加えて、学校でLinuxへの移行用に発送したハードディスクドライブにも大量の故障が発生したのと、このシステムにソフトウェアを提供するメーカーも学校側が要求している低コストでのソフトウェアと言う要件を満たせなかった。さらに、これらの学校は教師へのトレーニングでWindows技術の方に相当な額を費やしてしまったので、Linuxトレーニングに割り当てられる経費は余すところいくばくもない。

ロシア当地の政府は、Linuxシステムは無料であるにも関わらず、トレーニング費用に支払う金額がかなり高いと考えている。

時を同じくして、マイクロソフトはロシアでのプロモーションへの取り組みを強化し、Windowsソフトウェアの価格を下げ、学校向けには1台あたり30ドルの価格で提供し出している。現在、システムインテグレータのCompulink社はロシア国内の6万箇所の学校にWindwos XPを含め、Office、Abbyy Lingovo12、カスペルスキーのアンチウイルスソフトウェア及びAdobe Photoshop CS3などの様々なソフトウェアを統合ソフトウェアサービスとして提供している。


【書評】
ロシアの学校へのLinux適用は本文にもあるとおり、今年の年初からまず3地域をパイロット校に指定し、開始された(関連記事)。そのプロジェクトが大学側資金不足のため暗礁に乗り上げているという。1月の時点では政府主導で予算をつけ、推進していくのかと考えていたがどうも違うようである。
ロシアはLinuxを自国で独自開発しているといわれ、議会や学校などでもLinuxをはじめとしたオープンソースを積極採用するよう呼びかけている。
資金不足は置いておいても利用しているアプリケーションなどが原因で移行が進まないというのは、マイクロソフトのベンダーロックインにかかっていると言っても間違いではないだろう。
ただ、今回の件に限らず移行には困難がつきものであるし、実際にブラジルなどもLinuxを用いた仮想環境を導入するのに実に4年の月日を費やしている。長い目で実現を図っていかねばならないし、本気で行っていくのであれば、ブラジルのように政府の支援も必要であろう。
また、すべてを一度に変えていこうとすると課題ばかりが浮き彫りになり、計画全体が見直されることになりかねないが、まずはできるところから、部分から段階的に移行を行っていくべきであると考える。これは年間予算が限られていると言う観点からも有効となるであろう。また、移行にともなうトレーニングに関しては同OS内でアップグレードを行えば、再教育が必要ないとは言いきれない。

今回の推進に関しても長期的な視野に立って産官学が連携して進めてくれることを切に願う。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。