スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIPS TechnologyオープンソースプロジェクトTamarinにコードを提供

今回のもとネタはこちら
『MIPS科技向Tamarin开源项目提交代码』

【翻訳文】
デジタル家電,ホームネットワーク,無線,通信,ビジネスアプリケーションに業界標準を提供するプロセッサアーキテクチャとコアのリーディング企業MIPS Technology社が本日、Adobe Flash Playerなど人気の高いネットワーク連結技術として利用可能な、MIPSTMに最適化されたActionScriptバーチャルマシン(VM)バージョンをリリースすることを発表した。ActionScript VmはTamarinオープンソースプロジェクトを通じて取得可能で、MIPSアーキテクチャ上で実行されるAdobe Flash Playerのキーコンポーネントを最適化する。MIPSに最適化されたアクセラレータActionScript 3検証スイート(validation suite)の基本性能は最適化されていないVMのおよそ2.5倍にもなる。実際に、MIPSに最適化されたVMのMIPS32TM 74KTM CPU上での実効速度は、ARM Cortex A8 CPU1上で実行されるARMに最適化されたVMの2倍であった。

携帯電話,家電製品,ネットワークデジタルホームデバイスなどで利用されるAdobe Flashは既にMIPSアーキテクチャの主要なSoCプラットフォーム上で運用されている。Adobe FlashはデジタルホームのネットワークTVやTV付き家電製品に高精細なコンテンツと豊富なアプリケーションを提供している。デジタルホームでのAdobe Flashはこれらの機能を構築するとともに、カスタムフィルターやエフェクト,ネイティブ3D変換やアニメーション,先進的な音楽・映像処理、及びグラフィックハードウェアアクセラレータをサポートしている。

MIPS Technologyマーケティング担当副社長のArt Swift氏は次のように語った:”Adobe Flashはデジタルホームのネットワークマルチメディアの体験においてキーとなっている。MIPSはTamarinプロジェクトへの参加から、Adobe Flash Playerのキーコンポーネント最適化に注力していく。同プロジェクトはFlash PlayerのActionScriptバーチャルマシンのオープンソースバージョンを利用したものである。”

1102MIPS

Adobe社プラットフォーム事業部門製品管理及び戦略総監のMahesh Balakrishnan氏は次のように語った:”Adobe Flashは既にPCやモバイルデバイスにおいて広範に採用されており、我々はホームデジタルへのFlashのOEM需要が日増しに増えているとも感じている。我々はMIPS Technologyがそのフレームワークに焦点をあて、Flash Playerのキーコンポーネントを最適化していることをうれしく思っている。我々は将来リリースされるFlash Playerの中にこれらの最適化された設計が取り込まれ、MIPSアーキテクチャを採用した多くのSoCサプライヤーをサポートしていけることを期待している。”


【書評】
MIPS社は本文でも紹介されているとおり多岐に渡る分野にCPUコア及びアーキテクチャを提供している企業で、中国が研究開発をしている龍芯CPUにも技術供与をしている(関連記事)。
同社のCPUはテレビやセットトップ・ボックスやデジタル家電で最も多く採用されており、最近ではOSプラットフォームとしてAndroidに非常に力をいれており、今年の8月にはMIPS版のAndroidを公開したのと、日本で先月行われたCEATECの会場でもAndroidに注力していくことを改めて発表すると同時に、Androidを幅広いプラットフォームへの適用推進を行う、OESFなどにも加盟したことも発表していた。

一方、Flashに関しては現在パソコン用途ではデファクトのように広範に使われており、Flash対応のゲームなども数多くでている。
Flashを提供するAdobe社はモバイル分野へも積極的に対応を促進しており、携帯電話専用のFlash Liteを提供するとともにコンテンツ開発者向けにCDK(Content Development Kit)を提供している。また、最近ではその裾野を更に拡大するべく「Flash on iPhone」の提供を発表し、年内にパブリックベータが公開される予定だが、Flash on iPhoneが提供されることによりiPhoneユーザー向けにFlashベースのアプリケーションが開発可能になり、今後は更に魅力的なアプリケーション、ゲームなどが数多く出てくるはずである。その後は更にプラットフォームを広げAndroidなどにも対応していく予定であることから、同社はやはりモバイル端末を重視していると言うことであろう。

MIPSとAdobe Flashの協力関係は今後様々な分野でデジタル化が進んでいく中で、リッチコンテンツを構築するという意味でも非常に有用である。Android/iPhoneなどモバイル端末及びその他プラットフォームなどとの連携を含め、今後非常に楽しみである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。