スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金山(Kingsoft)社UOF SDKをオープン化しマイクロソフトの規格に対抗

今回のもとネタはこちら
『金山开放UOF SDK源代码对抗微软格式标准』

【翻訳文】
10月28日、金山ソフトウェア社(HK,03888)は、UOF OPEN SDK開発パッケージをオープンソース形式でコミュニティに無償提供することを発表した。金山社は同時にUOF OPEN SDKのサイトをオープンし、その他オフィスソフトウェア企業,OAインテグレーター,ミドルウェアベンダー及びオフィスソフトウェアユーザーが同サイトでSDK開発パッケージを無償でダウンロードできるようにし、UOF文書フォーマット標準を読み書きできるようにした。金山オフィスソフトウェアのOaaS製品研究開発部プロジェクトマネージャの王冬氏は、UOF標準は多くのメーカーが共同で努力した結果であると指摘した。金山WPSはUOF標準の主要制定者の1つで、金山は2002年に研究開発の精鋭を選び出してUOF研究開発チームを組織し、UOF標準の改善,成熟,発展を推進してきた。金山社はSDK開発パッケージを業界内のベンダーに提供し、業界内でUOF国家標準へのサポートがさらに良くなり、製品間の相互互換性がより良いものになっていくことを望んでいる。

中国工程院院士の倪光南氏は、文書フォーマット間のオープン性と互換性は大勢の赴くところであると指摘した。UOFはオープンな文書フォーマット標準で、この標準はユーザーが異なるオフィスソフトウェア間で相互にデータを読み取れないと言う問題を心配する必要をなくし、情報の発信,検索,伝搬及び長期に渡る保存に有利となる。このオープン形式の文書フォーマット標準は市場で独占的地位を占めている専用フォーマット規格に対しては強烈なインパクトとなるだろう。

1030UOF

以前多くの学術界の人々はマイクロソフトのプライベート文書フォーマット規格OOXMLには、多くの特許や著作権の制限があり、一般公開や無償公開はできず、その他のベンダーが障壁をあたえ、独占を助長し、促進には不利であると考えていた。またOOXML規格は1社の企業が制定し解釈権を有していたので、これは人々が情報の可用性を制御できなくしていた。UOF文書フォーマット標準はオープンな文書フォーマット標準で、多くの製品にサポートされやすいため、最近は政府や企業の中でUOFの採用がますます多くなっている。

産業情報部及び中国電子技術標準化研究所の関係者は金山社の今回の行動はそのオフィスソフトウェアベンダー及び研究開発機関が文書互換方面での投資を大幅に削減するだけでなく、オフィスソフトウェア間の相互互換性を促進し、且つ国産オフィスソフトウェア標準の適用と発展を促進するであろうと考えている。UOF文書フォーマットはマイクロソフトのプライベート規格OOXML文書フォーマットに拮抗する標準を生み出す重要な役割を担っていくであろう。


【書評】
金山ソフトウェア(KINGSOFT)はWPS Officeと言うオフィスソフトウェアを提供しており、最新バージョンのWPS Office 2009からはパーソナル版、アカデミック版などは中国では無償で提供しており、同社のWebサイトからダウンロード可能になっている(関連リンク中国語)。
日本でも同社オフィス製品は販売されているが(関連リンク)、若干バージョン、商品体系が違うのと無料で利用できるのは30日間と利用期限付きのようである。
WPS Officeを提供している同社が今回SDKを提供することになったUOFはワープロ文書作成、表計算作成、プレゼンテーション作成に利用可能な2007年4月に中国の標準フォーマットとなった規格である。
本文にあるとおり、SDK及び技術資料を公開した(関連リンク中国語)ことによりオフィスソフトベンダーなどのUOF対応が非常に楽になり、異なるオフィスソフトウェアでの互換性も更に向上していき、ユーザーもオフィスソフトウェアでの互換性の問題が軽減されるばかりか、オフィスソフトベンダーのUOF対応が楽になった分、その他機能の開発に注力できるようになり、そちらもユーザーメリットにつながっていく。

技術標準を作り1社で独占することはその会社に一時的には利益をもたらすかもしれないが、長期的に見て市場は広がってはいかない。技術標準を確立し、オープンに展開し、様々な支援者などを引きつけてより良いものを築き上げていくことこそが、その他技術の普及プロセスを見ていても、主流で且つ後戻りができない流れであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。