スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Qualcomm社オープンソースの研究開発に注力

今回のもとネタはこちら
『高通开始致力于开源软件研究』

【翻訳文】
海外メディアの報道によると、Qualcomm社は月曜日に、モバイルシステムのオープンソースソフトウェアを専門に研究する、全額出資の子会社Qualcommイノベーションセンター(Qualcomm Innovation Center, Inc.)の設立を発表したとのことだ。

QualcommイノベーションセンターにはQualcomm CDMA技術グループソフトウェア戦略部上級副社長のロブ・チャンドホック(Rob Chandhok)氏の指揮のもと、専任のエンジニアチームがある。チャンドホック氏は声明のなかで次のように述べている:”このエンジニアチームはLinuxやWebkitなど重要なオープンソースプロジェクト、及びSymbian,Android,ChromeなどオープンソースOSの研究に重点を置いている。”

1028Qualcomm

Qualcomm社は新たに設立した会社のエンジニアの人数を明らかにしなかったのと、新たなエンジニアを招聘するかどうかの説明もなかった。チャンドホック氏は今回のインタビューには応じなかった。

Qualcomm社が今回のような行動を取るのは、彼らがオープンソースソフトウェアがモバイルシステムに取って日に日に重要となっていると考えているからだ。長期に渡って、Qualcomm社はスマートフォンにおいてBrewを作り上げることに尽力してきたが、進展は遅いものであった。しかし、多くのAndroid携帯がQualcomm社のSnapdragonプロセッサを利用するようになるのと同時に、同プロセッサは次世代のARM/Linuxベースのネットブックの選択肢の1つにもなった。

Qualcomm社は、QualcommイノベーションセンターはQualcommの技術を用いてオープンソースを最適化していくと語った。また、Qualcomm社がその技術を用いて既存オープンソースプロジェクトの促進を重要視し、インテルが作り上げたMoblinプロジェクトのモバイルプラットフォームのようにはならないとも語った。


【書評】
Qualcomm社が提供しているSnapdragonはCPU,無線LAN,Bluetooth,3Dグラフィック、GPSなどの機能をまとめたモバイル端末向けのチップセットであり、本文にもある通り、多くのAndroid携帯で利用されている。主だったところではソニーエリクソン初のAndroid携帯Xperia X3、Acerが発売を予定しているAndroid携帯Liquidなどへの適用が予定されている。
Snapdragonチップセットの陰に隠れてはいるが、同社はCDMA対応携帯電話「Qsec-2700」なども自ら提供している。今後は同社イノベーションセンターでAndroidやLinuxベースのモバイル端末を研究開発し、自社ブランドで推進していくこともありえるかもしれない。
モバイルプラットフォームのオープンソース化はAndroidの発表、リリース後に急激にその展開を速めており、Qualcomm社のように専門の子会社を作らずとも、NECが先日発表したようにAndroid専任チームを設置するなど(関連記事)、AndroidやLinuxをモバイルプラットフォームに、との研究開発を進めている企業は非常に増えている。同様な動きを進めていくには技術者を集めるだけではなく、育成していくことも重要であるのと、Qualcomm,NECなどに代表される研究開発を行っている会社のパートナー企業などにも同様な技術が求められてくるため、今後は関連する技術トレーニングもますます重要となってくるだろう。

経済不況は、案件なども少なくなり、エンジニアなどが1人1人の時間を持て余すことにもなるかもしれないが、それは逆に自社の力を増強する、または蓄える機会でもある。オープンソースモバイルの台頭に今から準備をしていくことも得策であると考える。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。