スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年中国Linuxカーネル開発者大会開催

今回のもとネタはこちら
『09中国Linux内核开发者大会邀请函』

【翻訳文】
中国Linuxカーネル開発者大会は、中国Linuxコア分野における最高レベルの技術系イベントである。大会の前身は2006年に開催されたAKA Linuxカーネル開発者大会で、AKA阿卡情報技術グループ,インテル者オープンソーステクノロジーセンター,清華大学が共同で立ち上げ、2007年,2008年を経て今回で4回目の開催となる。

大会は”自由、協力、創造”の理念のもと、オープンソース技術の推進と普及の使命を持ち、中国Linux開発愛好者が技術レベルを上げつづけ、交流と研究討論においてリソースを共有し、手を取り合って進歩していくことを激励するものである。大会運営者と広範な開発者コミュニティの強力のもと、大会への関心と参加は年々多くなっており、広範な開発者コミュニティにとても良い場を提供できている。

以前行った第3回と比較して、2009年の大会は専門的な技術テーマを基本に置いた上で、広く開発者コミュニティから提案を取り入れたので、内容と形式に関しては著しく革新的になった。大会の最後には、”技術サロン”という名の討論交流会を追加した;同時に、大会開催場所も300人強を収容可能な大きな会場を選択し、多くの開発者コミュニティにより多くの参加の機会を提供した。


【書評】
2009年中国Linuxカーネル開発者大会の開催は10月25日(日曜日)朝9時から、北京の中国科学院情報センターで行われる(関連リンク)。
大会の内容を見てみると、中国電子学会軍用セキュアOS専門委員会委員、中国OSS連盟専門家委員会委員などを兼任する宮敏博士の基調講演で幕を開け、インテル、Ubuntu、オラクル、Novell、Red Hatなどの講演が続き、中国人Linuxカーネルメンテナーとして有名な李沢帆氏が在籍する富士通南大などからも講演が予定されており、講演テーマもLinux I/Oコントローラ、Linuxカーネルの最適化、Device Mapperなどコアな議題が多く、名の通り開発者向けの大会であることがわかる。

現在、日本でもKernel Summitが秋葉原で行われており、主要なカーネルメンテナーが一堂に会して、発表、議論などが行なわれている。

このような開発者よりの大会は技術レベルを高めていく上でも、そしてこれから開発者になろうとしていく、学生を中心とした若い人たちに刺激、気づきを与える意味でも非常に意義のある大会である。

しかし、それと同時にLinuxに限った話ではないが、普及促進は一般ユーザーを巻き込むことなくしては成り立たない。開発者たちが上げた成果をいかに一般ユーザーのメリットに転嫁していくか、伝えていくかと言う、大会も非常に重要であろう。
景気停滞の煽りを受けて普及促進名目の大会、イベントは縮小傾向、もしくは中止などの憂き目に合うことが最近多く見受けられるが、規模の大小、派手さはこの手のイベントでは重要なことではない。真の利用促進につながる大会、イベントを考えていきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。