スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Symbianの地位がぐらつく ノキアがPalm買収に意欲を見せていると言う噂

今回のもとネタはこちら
『Symbian地位动摇 传诺基亚欲收购Palm』

【翻訳文】
最近、再度ノキアがPalm社の買収に意欲を見せているとの噂が流れたため、Palm社の株価がナスダック証券取引所で大幅にあがり、Palm社の1株あたりの価格は17.07ドルまであがった。今回の再度のノキアがPalm社の買収に意欲を見せていると言う噂は、株価の変動に影響を与え、まるでどこから吹いてくる風かはわからないが、当然これも現在の劣悪環境下の特殊性は排除できない。

ノキアがPalmを買収した場合、多くの人はこれがWin-Winの状況だと考えるに違いない。一方では、ノキアがPalm WebOSタッチ操作の良好な動作がSymbianの現時点での不足分を補うことができ、ある一方では、Palmが持っている良い帰属性が、ノキアの北米市場におけるiPhoneやブラックベリーを打ち負かす一種の武器となりうると言える。

0925palm
Palm Pixi

当然、物事は往々にして多元化されているので、いくらかの人々は違った見方をしており、ノキアがタッチ操作の不足を補うためにPalmを必ずしも買収する必要はないと考えている。ノキアが最優先ですることはS60 v5バージョンを更に良くすることで、人に助けを求めず自身で行った方が良い。加えて、ノキアはまたMaemo 5を有しているし、もっと言えばノキアが氷づけにしていると言われているQt(Linux GUI)OSもあり、このOSは既にノキアが利用するには十分なものであり、必ずしももう1つのOSを追加して不必要な競争を起こす必要は全くない。


【書評】
Palm社をノキアが買収するのではないかという憶測が再度流れている。Palm社は最近2010年度第1半期(6~8月)の決算で最終損益が1億6,450万ドル(≒150億円)になり、前年同期の4,190万ドル(≒38億円)から大幅に赤字が拡大しているのにも関わらず(関連記事)、本文にもあるとおり、買収の噂の影響もあってか同社の株は一時期急騰した。
Palm社に悪いニュースは続くもので、最近はPalm PreがiTunesへの同期をアップル社が拒絶した件で、オープン性という観点から考えれば、Palm社に同情が集まりそうなものだが、USB業界標準団体などはアップルへの支持を表明している(関連記事)。
さて、本買収の話に戻ると、筆者の個人的感想からは両者の買収にはPalm側には救済措置が施されるというメリットがあっても、ノキアの方にはメリットをあまり感じない。現在、PalmはWeb Osを提供してはいるが、Symbianほどの知名度もないし、Android以上の可能性も感じられない。
ノキアはモバイル端末において圧倒的な地位を築いてきたが、iPhone、Windows Mobile、Androidなどの出現もあり、その地位は確実に低下し続けている。今後に起死回生を図らないといけないのは確かであるが、Palmはその力にはなり得ないと感じている。
ノキアは本文にもあるとおりMaemoの推進を開始していることもあるし、Android端末の検討も開始しており(関連記事)、そちらのほうがよほど可能性はあるように思う。
Androidだと他社との差別化が図り辛いのではないか、と言う声も聞こえてきそうだが、モトローラ社が先日発表した”MOTOBLUR”で差別化を図っている例もあるし(関連記事)、ソニーエリクソンから発売が予定されている”Rachel”なども非常に前評判が高い(関連記事)。

最小限の労力・資金で最大限の差別化を図る、その解はPalmではなくMaemoやAndroidにあるのではないだろうか。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。