スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Novellクラウドコンピューティングインフラソリューション読解

今回のもとネタはこちら
『解读Novell云计算基础架构解决方案』

【翻訳文】
最近、Novellと世界有数のコンサルティング,顧問,イベントサービスの専門プロバイダーIDCは北京のグランドハイアットホテルで”半分の労力で倍の効果:低コスト高収益なスマートデータセンター”という名のセミナーを共同開催し、多くの企業IT部門の管理者と決済者が中国及び世界のクラウドコンピューティング分野の展開とニーズを議論し、あわせてNovellを全面的に利用したクラウドコンピューティングインフラソリューションで如何に低コストで高収益なデータセンターを構築し、作業を労力を半分にし効果を倍にしていくかを紹介した。

今日、ますます多くの企業がデータセンターのワークロードを処理するために仮想化サーバーのアプローチを採用しだしている。更に良くなった管理,自動化ツール及び仮想化ソリューションは組織内部の成功に極めて重要に関連する。企業は現在新興のクラウドコンピューティングソリューションを利用し、瞬時に変わるニーズに応じて調整や対応ができるデータセンターを構築でき、ITインフラは非常に競争力をもった武器に変わり、大幅にサービスの品質が向上すると同時に、大幅にIT全体のリソースとコストを減少させられる。

市場と顧客のニーズに応え、Novellはクラウドのインフラストラクチャで重要な役割を果たし、OS,仮想化管理ツール,移行,管理ツールなどを含め全面的なソリューションを提供でき、パブリックとプライベートのクラウドの中及び伝統的なデータセンターでの導入作業の負荷に対し、企業収益,コストとリスクの低減に役立つようになる。

”Novellはキーとなる技術を有すると同時に適切なスタンスを取っている。オープンなインターフェースを利用しプラットフォームの縛りを回避し、クラウドコンピューティングでコンピュータを民主化している。これと我々のブランドマニフェスト”ITを1つとして動作させる(混在するIT環境を一体化させ、コラボレーションさせる)”は調和がとれたものである。”とNovellアプリケーション技術戦略担当役員のPaul Kangro氏は語った : ”伝統的な企業かISVかサービスプロバイダかに関係なく、Novellはクラウドの管理,クラウドのセキュリティ保護,クラウド導入作業の負荷,クラウドのコラボレーション,クラウドヘのアクセスでの助けとなり得る。”

”調査によると、現代の企業はクラウドコンピューティングの導入を非常に重視しているが、慎重に行動していると言える。調査対象のITマネージャの79%は仮想ITのワークロード最適化、コストの低減、効率アップを重視している。”とIDCアジア太平洋地域新興技術主席技術顧問のPatrick Chan博士は指摘した。”Novellのクラウドコンピューティングは明らかに費用対効果があり、サービスの品質とリカバリ機能にフォーカスし、ITサービスの品質,ディザスターリカバリーITサービスの管理及び仮想と物理ITのワークロードを管理などの評価で新しい道を開き、業務の成果を大幅に向上し、コストを低下させる。”

Novellの包括的なクラウドコンピューティングインフラソリューションは次のいくつかの重要な分野に焦点をあてている :

ーセキュリティ:Novell Cloud Security ServiceはクラウドサービスプロバイダとSaaSベンダーが彼らの製品で全世界の企業が求める厳格なセキュリティと標準を確保できるようする。Novell Cloud Security Serviceは自動で企業が現在持っている認証システムのセキュリティ戦略を検知し適用するので、社内のIT部門が関わる必要がなくなる。それだけでなく、どこにワークロードを配置しようとも、SUSE Linux Enterprise Serverはワークロード配置のための最適なプラットフォームである。SUSE Linux Enterpriseは最もセキュアで最も安定したLinux OSである。

ー導入:SUSE Appliance Programは業界最先端のツールやリソースをソフトウェア設備を構築する際に提供するが、その中には画期的なSUSE Studioや技術サポートも含まれている。ISVたちはNovellの市場向けサポートを受けることも可能である。

ー管理:企業のITマネージャとして、あなた方はパブリッククラウド,プライベートクラウドそして伝統的なデータセンターの間をシームレスに資産移動でき、サービスレベルを最適化しコストを最小まで下げられるよう期待するであろう。PlateSpinワークロード管理ソリューションはITマネージャたちが混在する仮想環境を掌握し、正常な稼働時間を増やし且つパフォーマンスを改善する手助けとなる。

ーコラボレーション:従業員は企業の最も貴重な財産であり、多くの場合最も効果なコストでもある。Novellは正に次世代のコラボレーションツールを開発している。コード名が”Cockpit”と名づけられたツールは統合された空間でのタスクの共有と任命を提供し、生産性と効率を向上させる。

ー接続:アプリケーションとデータは正に”雲”に向かい始めている。労働力はますます各所に分散していっている。これらのことは企業がエンドユーザーを以下にアプリケーションに接続させるかを再考させるよう促している。NovellとIntelは共同で作り上げたMoblinフレームワークは使いやすく,高効率で,軽量なOSである。SUSE版のMoblinは急速に広範なネットブックに適用された。企業向けのデスクトップについては、SUSE Linux Enterprise Desktopは最高性能且つ低コストでクラウドアプリケーションにアクセスできるOSである。


【書評】
Novell社は現在、中国においてもデータセンター事業をターゲットに仮想化ソリューションを積極的に推進している。5月にも「データセンター革新大会」を行い、関連製品の展示、関連テーマの講演などを行っていた(関連記事)。去年末から今年年初はSunもxVM VirtualBoxで仮想化ソリューションに積極的であったが、IBMとの買収騒動、Oracleの買収決定後は活発な動きは鳴りを潜めている。
Novell社はXen Serverを中心とした仮想化ソリューションだけでなく、2008年2月に2億5,000万ドルで買収したカナダPlateSpin社の仮想化管理ツールを現在、同社の主力製品に置いている(関連リンク)。仮想化市場が進めばその管理・運用に今後は重点を置くようになるとの予測からなる先行投資であり、現時点でも注目を集めている。
混在環境の相互運用性と言う意味では、仮想化市場において今年の2月にRed Hatとマイクロソフトが歴史的な協業を開始している(関連記事)。仮想化ソリューションは王者のVMwareを筆頭に仮想化ベンダー、OSベンダー、ハードウェアベンダーなどを巻き込んで行き、更に加熱していきそうである。
また、仮想化の流れはサーバだけに止まらず、デスクトップ市場にも押し寄せているようである。非常に以外であったが、日本においても金融機関などでは既に金融機関ではその導入率が18%にも及んでおり、今後は自治体、医療関連でも進んでいくのと(関連記事)、2013年には法人向けクライアントの3割以上が仮想化ソフトを搭載しているだろうと予測されている(関連記事)。

クラウドコンピューティングと相まって今後はサーバ/デスクトップの両仮想化市場に注目である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。