スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李開復氏 : 山寨携帯のAndroid利用を歓迎

今回のもとネタはこちら
『李开复:欢迎山寨机使用Android系统』

【翻訳文】
Googleグローバル副社長兼中国総裁の李開復氏は本日インターネットー未来フォーラムに出席した際に、山寨携帯のAndroid利用は歓迎するが、Googleは技術的なサポートはできないと語った。

李開復氏は、Android OSはオープンソースなので、同様に山寨携帯の利用を歓迎すると語った。彼は同時にGoogle携帯は中国聯通,中国移動との協業を進めており、”パートナーがいつ具体的に発売する計画かは聞く必要がある”とも語った。

李開復氏は会合後のメディアの質疑応答の際に上述のような表明をした。現在Google Androidシステムの携帯電話は正式には中国市場に参入していないが、多くの市場で密輸品が出回っているのと、ひいては深センで”山寨版”が出ているが、李開復氏は山寨携帯も締め出さないようである。

李開復氏はGoogleと中国移動及び中国聯通は戦略的な協業をしており、彼らに対し多くの技術的なサポートを行っていると強調した。山寨携帯の動向については、”彼らのソースコード利用は歓迎するが、それほど多くの技術的なサポートはしていない。”

今年の5月にあるメディアで引用されていた海外のニュースによると、中国移動がカスタマイズを施したGoogle Android携帯は6月に正式に中国大陸で発売され、販売価格は5,000元であるとされていた。しかしGoogleの公式な情報によると、現在Google携帯は正式には発売されておらず、具体的なリリース時期は確定されていないままとのことだ。

山寨携帯は既にGoogle携帯に照準を定めているが、業界関係者によると、Google携帯が持っている技術的な敷居は”山寨”に破られるものではないとのことだ。ある山寨携帯ベンダーはメディアの取材を受けた際に、もし自身でGoogle携帯の研究開発に投資をしなければならない場合、少なくとも1,2年は必要で、その時には既に市場ニーズにそぐわないものになっているだろうと語った。


【書評】
Googleが山寨携帯を歓迎、容認するということだが、こちらは自然なことと思う。と言うのもGoogleの最終目標はAndroidのパイを広げ、自社が展開する各種Webサービスに誘導することだからである。また、確かにOphoneを提供する中国移動、もしくは中国聯通などにもAndroidがベースとして採用されてはいるが、彼らは当然自社のサービスへ接続すべくカスタマイズを行っているので、Googleとしては”名は取れるが実は取れず”の状態であると考えている。
一般的に山寨と言うと”コピー”、”模倣品”が連想され、実際に多くの製品が該当するし、インドなどでは中国製山寨携帯の輸入が禁止されている(関連記事)。また、奇しくもAndroid携帯だが、実際に露骨なネーミングも目立ち、”SciPhone Dream G2”などという製品も販売されている(関連リンク)。中国携帯市場でもその存在感は増すばかりで、中国で製造されている20%程度が山寨携帯であるという説もある。

ただ、最近は山寨携帯というと必ずしも上述の製品ばかりをさすのではなく、PCで言うところのホワイトボックスベンダー的なものも出てきており、じわじわと勢力を増している。今後は、非合法的なコピー山寨携帯ではなく、合法的なホワイトボックス山寨携帯が市場を活性化していく事を期待している。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。