スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google中国Androidベースのピンイン入力を推進

今回のもとネタはこちら
『谷歌中国推基于Android平台拼音输入法』

【翻訳文】
GoogleがAndroidモバイルプラットフォームをリリースして以来、多くの中国語ユーザーがAndroid上での中国語入力メソッドの展開に興味を抱いていた。本日、ある新しいメンバーがGoogleピンイン入力の団員に参加した : モバイルプラットフォームのAndroid Googleピンイン入力である。

ソフト/ハードキーボード入力をサポート

Android Googleピンイン入力はソフト/ハードキーボード入力をサポートしており、QWERTYフルキーボードのタイピングの優位性を充分に発揮できるものである。同時に、Googleピンイン入力デスクトップ製品には多くの利点が完全に体現されている : 効率的な予測入力,スマートなグループセンテンス機能とユーザー辞書の同期は、携帯電話入力を更に思うがままに、楽に使いこなせるようにしてくれる。

0814Pidin01

予測入力/スマートなグループセンテンス

効率的な予測入力とスマートなグループセンテンス機能はユーザーの意図を理解し、単語ごとに入力する基礎的な入力体験に別れを告げさせる。簡単なテキストチャットか長いメールの文章かに関係なく、Android Googleピンイン入力はあなたの指先を生き生きと舞い飛ぶようにさせるであろう。

0814Pidin02

ユーザー辞書の同期

ユーザーは辞書の同期機能を開くことも可能である : Android Googleピンイン入力はユーザーの個人辞書とタイピングの癖をGoogleのサーバー上に保存しておくことができる。ユーザーがローカル入力したエントリーを高速に記憶し、サーバーにある辞書が随時同期するので、辞書を紛失してしまう苦しみ、辞書をコピーする痛みなどを無くしてしまう。

0814Pidin03

0814Pidin04

更に重要な点としては、Androidは無償のオープンソースのモバイルプラットフォームであり、Androidピンイン入力はすべての開発者の積極的な参加を歓迎しているということである。同時に皆がAndroidMarketにおいてAndroid Googleピンイン入力をダウンロードし試してみることを歓迎している。Android Googleピンイン入力の問題とスキルなどを理解したい或いはフィードバックなどがあれば、Googleピンイン入力のフォーラムにアクセスすることも可能である。


【書評】
Android用のピンイン入力がリリースされた。Google中国の公式サイトでもそのリリースが伝えられているが、現在、記事本文へのリンクは切れているようである(関連リンク)。現時点ではGoogleは以前からWindows向けにはピンイン入力を提供しており、まわりの人間にはそこそこ評判も良かった。今回のピンイン入力も期待できそうである。
Google中国はAndroidの中国推進にも当然力を入れており(関連記事)、いわゆる山寨ベンダーなどにも人気が高いので(関連記事)、今回のピンイン入力のリリースは普及の速度をあげていくものになるであろう。ただ、1点大きな問題もあり、現時点Android Marketに中国大陸からアプリケーションの投稿などができない(関連リンク
。ピンイン入力を含めた文字入力をとっても数多くのオープンソースツールがあり、それらがAndroidプラットフォームにも移植されて行くことが期待されるが、まずはこの問題を解決していかないといけない。そうすれば、中国でも人気の高いQQなどのチャット、コミュニケーションツール及び株価確認用のソフトウェアなども移植されていくとともに、中国国内エンジニアも中国移動が展開を予定しているMobile Marketとあわせて登録できれば、アプリケーションの開発/移植熱も高まっていき、それがユーザーの利便性に大きく貢献していくであろう。

Android Marketへの投稿が可能になること、Mobile Marketの正式オープンが待たれる。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。