スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトローラ第2番目のAndroid携帯Sholesをリーク

今回のもとネタはこちら
『MOTO第二款Android手机Sholes泄露』

【翻訳文】
モトローラは本当にQWERTYキーボードに愛情を注いでいるように見えるが、その第1番目のCliqと呼ばれるAndroid携帯が発売される前夜に、ロシアのWebサイトでモトローラ第2番目の携帯の情報が出てきて、開発コードはSholesと呼ばれているようだ。

Sholesの主な機能:
3.7インチのタッチスクリーン、480×854の解像度
512MBのメモリー、256MBのRAM
microSD/microSDHCの拡張ストレージ(最大16GBの容量をサポート)
500万画素のオートズームカメラ
GPS
USB,Bluetooth 2.0,Wifi
CDMAとEVDO Rev Aの同時サポート

0803Android

10月にまず米国で発売されると言われており、Verizonの独占販売になるもようだ。


【書評】
モトローラに関しては以前からAndroid携帯の開発が行われており、その開発コードネームも”Calgary”、”Morrison”、”Touch Zine HD"などがリークされてきた。その他にCliqとSholesである。SholesとTouch Zine HDは外観が似ていることもあり、同製品の進化版なのかもしれない。
ただ、モトローラが2009年第1四半期の業績不振からAndroidにかけている点は以前にも指摘したが、Androidアプリケーション開発者向け会員制プログラム及びIDEの提供を開始することからもその点は窺える(関連記事)。
モトローラ社がAndroid携帯を出すであろうという時には必ずVerizon社の名前が付いてまわる。Verizon社は米国でも有数の通信事業者であり、携帯電話事業も行っている(関連リンク)。
米国においてもVerizonとAT&Tを巻き込んだAndroid V.S. iPhoneの熱い戦いが繰り広げていきそうである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。