スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国務院 : 無償のFirefoxを”買えない”

今回のもとネタはこちら
『美国务院:免费的Firefox我们“买不起”』

【翻訳文】
米国国務長官ヒラリー氏が議長を努める国務院の会議上で、あるスタッフがなぜ情報システム部門はWebブラウザとしてInternet Explorerを採用し、よりセキュリティの高いFirefoxではないのかを尋ねた。国務院が出した答えはどのようなものと思うだろうか?答えを先に言うと、”支出”の問題だそうだ。米国の官僚たちはFirefoxが完全無償のブラウザであることを知らないのだろうか?

0718huushi

IEは全ての政府部門で採用されているわけではないし、質問を根拠とすれば、Firefoxは既にIE同様にセキュリティ(ああ...)の実証が証明されているので、この問題は理にかなっている : ではなぜその更に速く、更にセキュアで、更にパーソナライズ化され、更に信頼性がある(全てIE比)ブラウザを利用しないのか?この問題に関してヒラリー氏は回答をしていないが、彼女を考え見るとこの様な事情には通じてなく、これで一段落ついてしまっていた。

しかし次官のパトリック・ケネディが次のとおりに語った : これはある種の”支払い方面の問題”だ、それを聞いて言い終わらないうちにFirefoxが無償であると証明し指摘した。それから彼は”パッチ”の問題について説明を開始したが、それに返すように”見た目が無償のものは100%無償な訳ではない”と語たったが、これとマイクロソフトが自社サーバーの宣伝文句で語っていることは奇妙なくらい似ている。彼はこの話しが出口にたどり着くころには、やっとFirefoxが無料であるとわかるだろう。以前にこのスタッフが実際にFirefoxを使用したことがあれば、現在のこのような皆が嘲笑するような結果をもたらさなかったであろう。

大脳レベルがこの程度にしか達しない政府官僚の話は、あなたの国の特許だけに見られる話ではないということである。


【書評】
話しが通じない、すり替えるなどはどこの国でもあるというブラックジョークのような実話である。風刺漫画も、”規則違反の別荘群”をみて、それに対する質問をしているのに”君は党を替える話をしてるのか、それとも国民を替える話をしてるのか?”と答えている。
ここは、もしかしたらマイクロソフトに対する政治的な配慮も込められているのかもしれない。しかし、この話に限らず未だIEしかサポートしていないWebページを見かける。これだけ、Firefoxがシェアを伸ばしてきてる時に(関連記事)、何とも時代錯誤というしかないが、サーバー管理者の立場からすれば、サポートするブラウザが増えるのは未だ未だ面倒が増えるだけ、と言うところなのであろうか。ある大企業にLinuxクライアントの提案に言った際も、OSがどうのこうのでなく、ブラウザがIEでなければダメと断られたこともある。
ブラウザに限らず全てのものをサポートしていくのは大変な作業である。ただ、時流を読まないと取り残されて言ってしまうことも忘れてはならない。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。