スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンソーススマートフォンは5年後に2.23億台強に

今回のもとネタはこちら
『开源智能手机五年后可达2.23亿部』

【翻訳文】
市場調査研究機関のJuniper Research社は、オープンソースOSがインストールされたスマートフォン今年約1.06億台になり、2014年には2.23億台強に達し、2倍以上になると予測した。

スマートフォン技術の進歩と種類が豊富になるにともない、OSとアプリケーションはますます差別化における重要な役割を果たすようになっており、ユーザーが携帯を選択する時のキーとなる検討事項になっている。

スマートフォンOSとアプリケーションでここ2年で2件ほど大きな事件があり、1つ目はSymbianがオープンソースに向かいGoogle Androidが登場したことで、2つ目はアップルが盛り上げたAppStoreソフトウェアストアのモデルである。後者は各大手ベンダーが争うように模倣していくことを引き起こし、オープンソースの動向は開発者により新しくより魅力的なアプリケーションを開発することを更に満足させた。現在オープンソースシステムはスマートフォン分野でのシェアは60%を超えており、且つ高水準なプログラマをひきつけ、前途洋々である。

しかし、真にキーとなるのはOSがオープンソースか否かではなく、開発者が簡単に開発できるか,そこで利益をあげられるかである。アップルのビジネスモデルとGoogle Android,Limo.OHA,Symbianなどオープンソースの道は潮のように一体となって推進効果をもたらし、世界的な経済危機のもとでも何ら影響を受けない。

携帯製造メーカーも今後慎重にOSを選択するようになり、携帯市場シェアも関連ソフトウェアが豊富で簡単か否かが大きな要素となってきて、プログラム開発者とエンドユーザーの決定は更に重要となる。


【書評】
以前取り上げたInforma Telecoms&Media社のレポートでは2008年の販売量は1億6,200万台で前年比成長率は35.3%で、初めてノートパソコンの販売量を上回ったとのことであった(関連記事)。ちなみにガートナー社のレポートでは1億3,900万台で前年比成長率は13.9%となっている(関連記事)。スマートフォンの定義が若干違うのかもしれないが、調査会社によって調査方法も違うのであろう。
ただし、オープンソースのスマートフォンOSの市場シェアが現在60%とあるが、Symbianを含めるのであれば先のガートナーのレポートでは既にSymbian+Linuxのみで60%を超えているし、Informa Telecoms&Media社のレポートでもSymbianのシェアは49%だとあるし、Linux+Androidで11%はあるだろうから、市場シェアに関しては60%程度なのであろう。
いずれにしても記事にあるOSS搭載スマートフォン+iPhoneで市場的には追い風なことは間違いないはずである。
翻って既存のパソコンは低成長率もしくはマイナス成長もありえるかもしれない(関連記事)。ここはWindows 7もしくはAndroid + ネットブックしだい、と言ったところであろうか。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。