スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Hat華南地区初の”クラウドコンピューティング”センター設立を支援

今回のもとネタはこちら
『红帽助华南成立首个“云计算”中心』

【翻訳文】
先日、広東省のネットワーク革新創業模範区賞及び近代情報サービス事業推進大会で、華南地区初のクラウドコンピューティングセンターを南海に設立することが発表された。このクラウドコンピューティングセンターは佛山市南海区の科学技術局とRed Hat社が手を組み、広東省の金融ハイテク技術サービス区都市型科学技術産業ゾーンに設立され、Red HatはこのクラウドコンピューティングセンターにRed Hatのクラウドコンピューティングプラットフォームを全面的に提供している。

”クラウドコンピューティングセンターとソフトウェア開発公共サービスプラットフォームはそれぞれ我々模範区の初の基盤プラットフォームである。”と南海区区長の邦敏氏はクラウドコンピューティングセンターの設立意義を高く評価していた。今回設立したクラウドコンピューティングセンターが完成した後、南海区はセンターに南海のソフトウェア,デジタルデザイン,アニメなど中小企業と起業グループに多くのサービスを提供するための、ソフトウェア公共技術サービスプラットフォームの構築を期待している。

華南地区初のクラウドコンピューティングセンターの高い重要性を鑑みて、佛山市南海区科学技術局は慎重に検討したのち、最終的に総合的に見て優位性が明らかにあるRed Hatをパートナーに選択した。Red Hatのクラウドコンピューティングプラットフォームには5つの主な利点があり、それぞれハードウェアプラットフォーム,基盤ソフトウェアプラットフォーム,管理プラットフォーム,バーチャルマシン機能サーバ,コスト面に分けられる。

ハードウェアプラットフォームの優位性 : Red Hatが提供したAmazonのような柔軟性あるクラウド技術の純粋なソフトウェアのクラウドコンピューティングプラットフォームで、各種業界標準のサーバとストレージやネットワーク環境の中で構築することができ、ユーザーに柔軟で変更可能なハードウェアで価格の優位性をもたらす。

基盤ソフトウェアプラットフォームの優位性 : Red Hatのクラウドコンピューティング基盤インフラが使用しているRed HatのOSと仮想化技術は、高い技術制御機能を有しており、完全なシステムのライフサイクルの管理を提供し、オンラインで更新ができ、システムの安全性,安定性,信頼性を保証している。

管理プラットフォームの優位性 : Red HatはRed Hat管理プラットフォーム(RHN Satellite)と仮想化管理プラットフォームを通してシステムとインスタンスの管理を実現しており、2種類の管理ツールを組み合わせプラットフォーム全体及びバーチャルマシン全体の管理を完全なものにしている。

バーチャルマシン機能サーバの優位性 : Red Hatが主導する仮想化技術を使って各種OSの運用が可能で、例えばオープンソース専用エリア,トレーニング/教育エリア,ミドルウェア,eコマース,情報共有などの各種機能を持つバーチャルマシンを構築でき、高いスケーラビリティも併せ持つ。

コスト優位性 : Red Hatはできるかぎり各種オープンソースソフトウェアを採用しているので、同じ機能を持つバーチャルマシンサーバを実現する際、Red Hatは価格性能比で絶対的な利点を有している。つまり、Red Hatクラウドコンピューティングプラットフォームを通してコスト,プラットフォームの安定,高い拡張性,先進的な管理ツールのクラウドコンピューティングセンターが実現されるのである。

将来的には、このクラウドコンピューティングプラットフォームはサービスにおける広い方面、佛山ひいては広東省の農村の医療や地域社会の医療への適用,デジタル都市管理プロジェクトの中での基盤プラットフォームの提供,大学生の実践力を高めるトレーニング,農村総合管理システム,デジタル革新プラットフォーム,全国の自動車製造業,チップ製造業,クラウドコンピューティング商用サービス向け,広東省金融サービス特区のコンピュータサービスのプラットフォーム,セキュリティシステム,アニメデザインのプラットフォームなどに重要な役割を果たしていく。

クラウドコンピューティングセンターの責任者は、”Red Hatクラウドコンピューティングプラットフォームの卓越した機能はクラウドコンピューティングセンターの強固な基盤を築き、クラウドコンピューティングの将来的な広範なアプリケーションの開発を保証する。金融危機の厳しい環境下、Red Hatのクラウドコンピューティングソリューションの導入を通して、クラウドコンピューティングプラットフォームは南海の情報化を全国トップレベルにまで大幅に高め、政府の情報化と企業の情報化
に新たな発展のモデルを提供する。


【書評】
クラウドコンピューティングは中国国内でも新規事業として注目を集めており、多くのベンダーが取り組みを始めている(関連記事)。クラウドコンピューティングでは以前にもIBMが無錫のソフトウェアパーク内に中国クラウドコンピューティングセンターを設立し、中国でのクラウドコンピューティングの研究開発、サービス提供を手がけている(関連記事)。
広東省はそもそも先進技術には積極的な省でLinuxにもいち早く取り組み、Linuxセンターを設立し教育制度なども充実させているのと(関連記事)、Linuxでの事例も豊富にある(関連記事1関連記事2)。
LinuxをはじめとしたOSSとクラウドコンピューティングは今回のRed Hatの事例を出すまでもなく相性の良いものなので、広東省における両センターのコラボレーションに期待しつつ、動向を注視していきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。