スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中標普華Linux運輸業界の情報化で安全航行を保護

今回のもとネタはこちら
『中标普华Linux为运输业信息化保驾护航』

【翻訳文】
中国海運グループ(略称 中国海運)は多業界、多地区、多所有制度と多国籍な非常に大きな国有海運企業である。中国海運は親会社中国海運(グループ)の中でも核となる企業で、各種船舶を440隻ほど所有しており、1,500万トンの積荷があり、年間貨物量は2.7億を越える。中海グループの業務ニーズを実現するため、日々のビジネス情報とシステム管理の作業を満足させるため、中海貨物運送は海運業務および船舶の安全、技術管理の情報管理システム、業務管理、船舶管理、システム管理などの機能を含む”中海海運管理情報システム”をオンデマンド設計開発した。情報システム開発の過程で、船舶が岸から遠く離れた際、振動が大きく、塩気が高いので、ハードウェアが壊れやすいなど総合的な要素を考慮し、運行効率を安定させ、安定していて信頼性の高く、経済的な技術プログラムであることが重要だ。このため、システムは既存の資源を十分に活用し、高性能かつ低コストで安全、安定性が高い必要がある;その次に、船舶運行状況の分析と船舶情報の同期、水上運輸の効率性向上、陸地から船舶の運行状況をコントロールさせられることが必須だ。

海運管理システムのセキュリティと安定運用を保証するために、OSプラットフォームの選択が成功の鍵となる。全面的なテスト、検証、性能比較を経て、中海貨物運送は最終的に中標普華Linuxを中海海運管理情報システムのプラットフォームに決定した。そのフレームワーク上のPostgres SQLデータベースソフトウェアと中標普華Linux高可用性クラスタシステムをシステムの高信頼性を確保するために連携させた。第1回目の数百隻の船用のシステムは完成し、その運用状況はとても良いものだ。

このプログラムは実施過程の中で、海運船舶所が使用する管理システムを外部の劣悪な環境を克服させ、システムの安定、効率的な運用要求を満たすために、中標軟件に現在のLinuxプラットフォームを最適化、改造し、システムのメンテナンスと管理を更に簡単で便利なものにさせた。続いて、中海貨物はその船舶上のアプリケーションの中で中標普華Linuxに含まれるpostgresqlデータベースソフトウェアでその船舶のデータベースサーバー、アプリケーションサーバーを構築し、このデータベースサーバーは船搭載データベースサーバーとして船舶の日常のデータ収集と管理を行い、衛星を通したemailなどの方式で陸地のサーバーとのデータ通信を行って、毎日の情報及び管理作業を完成させた。プログラムの中にある中標普華Linux高可用性リアルタイムデータバックアップとミラーリングソリューションは、ユーザーアプリケーションの持続性と連続性を保証するものだ。プログラムの順調な稼働と同時に、システムが海運システムの故障により発生する災難などの結果を防ぐために、中標軟件は高可用性ソリューションにあるバックアップサーバーで、リモートシステムとデータリカバリーをし、ウイルス保護、OS、データベース、Webサーバーのアップグレードメンテナンスなどの方面で安全性を維持し、ソリューションの運用全体を保証している。

このソリューションは、アプリケーションシステムの設計で海運管理システムの経済性、セキュリティ、メンテナンスなど多くの側面が十分考慮され、ユーザーのためにシステムおよびアプリケーションのインストール、デバッグ、運用からシステム及びアプリケーションのメンテナンスサポート及びトレーニングなどにいたるまでの一貫した全面的なソリューションを提供し、海運管理システムの円滑な実施と維持を保証した。

中海海運管理情報システムは全面実施され、中国海運の内外部の管理を強化しただけでなく、企業のサービスレベルを向上させ、運営コスト全体を削減した;その上中国海運は先進的、かつ拡張性のある技術とプログラムを提供したために、企業の核となる競争力を増強でき、企業を海運市場競争の状態、形勢に素早く対応できるようにした。


【書評】
先日も取り上げた、中標軟件の導入事例である。今回は航海などのデータを管理するシステムとして採用された事例で、データベースにもオープンソースデータベースであるPostgreSQLが使われている。12/15の記事では、オープンソースデータベースの旗色は悪い、との記事であったが、その書評で書いた通りきっちりサポートする企業が出てくれば、ユーザーの導入機運も高まり、今回のような案件が生まれ、低コストで且つ非常に安定したシステムが構築できると言うことを示している。本案件をきっかけに、また耐久テスト、負荷テストなどの実測値などが揃ってくれば更に大きなシステム、案件でデータベースをはじめとした、オープンソースソフトウェアが採用されていくであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。