スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTC Heroロンドン発表イベント マルチタッチも

今回のもとネタはこちら
『HTC Hero伦敦发布会 也能多点触摸』

【翻訳文】
6月24日にロンドンでリリースされた3番目のAndroid携帯電話を、SLASHGEARの編集者は従業員が次のAndroidに新たに加わった機能を紹介する機会に恵まれたので、ビデオにてHTC同機種の刷新されたAndroidインターフェースと、新たにトップページに新規に追加されたいくつかの拡張ウィンドウを見られるようになった。このUIインターフェースはHTCデバイス上のその他プラットフォームを亡き者にするくらいの可能性があり、もしあなたがWM(Windows Mobile)にご執心な場合は、ぜひ真剣に見てほしい。

062601

手にした感覚はMagicと比べて、特に斜めがさらに薄く感じる。我々がHTCのスタッフに聞いたところ、最終バージョンで現在のスクラブな背面を採用するかは決まっていないとのことであった。(我々が発見したことはどうでも良いことかもしれないが)写真では汚れ対策のスクリーンの装備を発見したが、iPhone 3GSの理想には及ばないとは表現しない。

使用してみて、HTCが新たに出したUIインターフェースはWMシステムのTouchFLO 3Dを彷彿とさせるが -- いくつかのキーが非常に似ている -- Androidはより勝っている。現時点ではAndroidが先進的であるというのは時期尚早ではあるが、Facebook,Twitterなどのアプリケーションを見る上ではすこぶる満足といえる。

HTC HEROは海外での賞を目論む

062602

062603

062604

062605

3番目のAndroid携帯電話としてのHTC HEROは、刷新的なインターフェース,3.2インチタッチスクリーン,反油汚れコーティング,テフロンを使った耐摩耗背面、および3Gネットワークサポートが採用されている。

062606

062607

062608

またそれには500万画素のオートフォーカスのカメラ,microSDカードでの拡張(TFカード)のサポート,GPSチップの内臓,WIFI 802.11 b/g接続サポート,Blooth2.0規格+EDR,3.5mmのイヤフォンなどがある。

062609

062610

062611

同機種は7月にヨーロッパでの発売,夏の終わりにアジアでの発売,2009年の下半期に米国での発売を予定している。

参照動画 : http://www.slashgear.tv/htc-hero-hands-on-462/


【書評】
HTCはNTTドコモが同社Magicをベースに”HT-03A”を出し、一気に日本での知名度を上げた感のある台湾企業だが、T-mobileのG1には遅れを取ったが、早い時期からAndroidに取り組んできた企業でもある。本文には残念ながらあがってないが、今回のHEROはAndroid携帯としては初のFlash対応機種でもあるが、HTC社はFlashには注力をしており、Adobe社が主導するOpen Screen Projectにも参加している(関連記事)。今後Flash対応のゲームなどのアプリケーションがどんどんAndroid向けに用意されていくであろう。
HTCはまた本拠地は台湾であるが、ワールドワイド、特に欧米を中心にグローバル化された企業であり(関連リンク)、米国ではAT&T向けにLancasterと言うAndroid搭載機種を提供(関連記事)、中国では中国移動がHTC社製品のAndroid搭載製品の販売を行っていく予定でもある(関連記事)。
Androidまわりのビジネス、動向でも目が話せない1社である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。