スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトローラ初のAndroid携帯電話がリークされる : スライダー式フルキーボード

今回のもとネタはこちら
『MOTO首款Android手机曝光:滑盖全键盘』

【翻訳文】
”Morrison”と呼ばれるモトローラ初のAndroid携帯電話の写真が数日前リークされ、製品は今年の末頃に発売される見込みだ。

現在、このモデルはまだモトローラの確認は取れていない。画像からは、これはスライドカバー,フルキーボードのスマートフォンのように見える。携帯電話のジャケット部分は白と黒がメインで、キーボードの部分は外側が青でキーの部分が黒であり、非常にスタイリッシュに見える。この携帯電話の具体的な構成は今のところわかっていない。しかし去年の10月の報道では、モトローラはGoogle Androidベースのスマートフォンをまさしく研究開発中で、2009年第2四半期には発売される見込みであった。

モトローラMorrison

報道によると、T-mobile G1と同様に、モトローラのAndroid携帯電話もタッチスクリーンを採用しており、且つフル機能の物理的なキーボードも内蔵している。同時に、この携帯電話はソーシャルネットワークの要素が取り込まれており、ユーザーがMySpaceやFacebookなどソーシャルネットワークにアクセスしやすくなっている。

一部のアナリストは、モトローラはオープンハンドセットアライアンス(OHA)のメンバーなので、Android携帯電話を開発するのは遅かれ早かれ時間の問題で、さらに、将来的には必ずAndroid推進の中心的な存在になると考えている。


【書評】
本文にもあるとおりモトローラは以前からAndroid携帯電話を出すと言うリーク、噂話はあり当Blogでも以前に取り上げた(関連記事)。以前の記事と比較すると”calgary”モデルと外観・形式などが似ており、研究は続いていることが伺える。
モトローラは世界の携帯電話市場ではNokia、Samsungには引き離されているが、Sony Ericsson、韓国LGなどとは拮抗して、2008年第3四半期のシェアは第4位であった(関連記事)。しかし第4四半期はその数字を落としている(関連記事)。また、それにつられてか同社の2009年第1四半期の業績自体も赤字が拡大している(関連記事)。中国市場を見てみると、現在シェア第3位の位置にはいるが、Nokiaには世界市場同様に水をあけられている。
本文にもあるとおり、同機はなかなかスタイリッシュであり若年層、特に中国で市場の中心を担っていくといわれている80'後(1980年以降生まれの若年層)に受け入れられそうなモデルである。Androidの900%成長と言われる市場成長率と相まって(関連記事)、Androidへの取り組みが同社再浮上のキーとなってくるであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。