スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OMS/Android レノボOphoneとT-mobileG1の比較

今回のもとネタはこちら
『OMS/Android 联想Ophone对比T-mobileG1』

【翻訳文】
レノボOphoneは中国移動OMS OSの最初の携帯電話として、インターネットでも多くの関心を引いているが、既に発売されているGoogle AnroidスマートフォンHTC Dream/T-mobile G1とそれらの違いは何かなど、両携帯電話の違いを簡単に比較していると思うが、実際は外見とハードウェア構成の他に、中国移動のOMS OSとGoogle Android OSと言う違いもある。今日は1つ1つ紹介していきたいと思う。

外見の違い :

HTC Dream/T-mobile G1は側面スライド式フルキーボードを持つスマートフォンで、3.2インチ320×480ピクセルの液晶モニターで、全体的に薄いとは言えない。レノボのOphoneは3.5インチのHVGA液晶パネル(320×480ピクセル)を採用しており、内蔵型のキーボードもないので、全体として非常に薄くなっている。これら2つの携帯電話に言えることはどちらも現在のデザインスタイルの代表的なものであるということだ。

Ophone外観
レノボOphone

HTC外観
T-mobile G1

CPU,ストレージの違い :

T-Mobile G1は2種類の旗艦モデル - HTC Touch HD,ソニーエリクソンのXperia X1の人気の高いWindows Mobileスマートフォン -及びTouch DiamondやTouch Proと同様にQualcomm MSM7201A 528MHzのCPUを採用している。ストレージではG1は256MBのROM及び192MBのRAMを採用しており、microSDカードをサポートしている。そしてOphoneが採用しているCPUはMarvell のPXA930(Tavor P)624MHzで、相当パワーがあり、OMS Osのスムーズな動作が保証されている。Ophoneの内臓メモリーは128MBで、その他に8GBのフラッシュメモリーを内蔵しているが、microSDメモリーカードの拡張はサポートされていない。

OphoneのCMMBテレビ :

レノボOphoneの特色ある機能はCMMBモバイルテレビのチップを内臓していることで、メインメニューにある”モバイルテレビ”をクリックし、携帯電話の右上隅のアンテナを引き出した後に、システムが自動的に番組を検索し、CCTV-1,CCTV-3,CCTV-5,CCTV-9,CCTVニュース,CCTV-キッズ,北京テレビ,中央放送の一式、国際ラジオ放送の一式を含んだプレイリストを表示する。同時に、OphoneにCMMB信号がない場合は、MBBMSモデルに切り替わり、インターネット経由でテレビが見られる。G1はGoogleのオンラインビデオYouTubeをサポートしており、Android Osにその専門のクライアントがセットアップされており、そのクライアントを開くと既に分類表示されているビデオを見ることができる。

Ophoneアンテナ
レノボOphoneのテレビアンテナ

Ophoneテレビメニュー  Ophoneテレビ画像
レノボOphoneのモバイルテレビ機能


OMSは中国移動の業務を内蔵し、AndroidはGoogleのサービスを内臓:

OS層から中国移動向けにカスタマイズされた機種なので、レノボOphoneの最初の画面は、快讯飞信,携帯音楽プレーヤー,139メール,Monternet,携帯ナビゲーション,電話帳管理サービスなどを含めた、中国移動の各種業務が占有している。その中でも快讯,飞信,Monernetは皆が比較的熟知している機能で、携帯音楽プレーヤー,139メール,携帯ナビゲーション,電話帳管理サービスは比較的新しい業務である。

Ophone初期画面  Ophoneメニュー
レノボOphoneの中国移動の機能

T-Mobile G1はシステムにエントリーする前に、Googleアカウントと関連付けてそれからシステムにエントリーすると、その後全てのGoogle業務がこのアカウントをベースに実行される。Googleの主な業務には検索,Gmail,Googleカレンダー,Googleリーダーなどがある。システムにエントリーした後には、右側のデスクトップ上に検索ボックスが現れる。同時にG1は自動でGoogleのGmail,カレンダー及び連絡先と同期できるが、これらは全てリアルタイムのプッシュ型である。

HTC Googleリーダー  HTC Googleカレンダー
T-mobile G1のGoogleリーダーとGoogleカレンダー

OMSはAPKソフトウェアをサポート、両者ともにアプリケーションストアを持つ:

大多数のユーザーはOphoneのAndroidソフトウェアとの互換性の問題に感心があるかもしれないが、我々が選んでダウンロードした数十個のG1で利用できるAndroid APKソフトウェアをOphone上にインストールし、結果としては全てのソフトウェアがインストール可能であったが、実行の立ち上げ時だけはあまりスムーズではなかった。Ophoneが正式に発売された後、中国移動のWidgetsストアも数々運用されると思っているが、ユーザーの大半は最適なOphoneで利用できるアプリケーションをダウンロードすることが可能になるだろう。

Ophone Androidアプリ
レノボOphoneは大部分においてAndroid apkプログラムと互換が可能

iPhoneのApp Storeと同様に、Androidにも自身の”Android Market”があり、現在のMarketには毎日新たなソフトウェアやゲームが追加されており、iPhone App Storeに精通したユーザーはそこにある大部分のアプリケーションがMarketの中にも存在し出したことに気づいている。

Androidマーケット  Androidマーケットソフト
T-mobile G1のソフトウェア市場

OMSのタスクマネージャ:

OMSとT-mobile G1が搭載するAndroid(主に発売時のバージョン)の違う所はシステムが制御するのではなくユーザー自身で現在実行しているプログラムをシャットダウンできることだ : スクリーンの上側を押さえて下にドラッギング移動させればタスクマネージャが表示される。

OMSはフルスクリーン手書き入力を含め、多数の入力方法を持つ :

レノボOphoneはフルキーボードでの入力,フルスクリーンの手書き入力及び4*4の入力方法つまり9個のテンキーも内蔵しており、更に中国ユーザーの使用習慣に適合させている。

Ophoneキーボード  Ophone手書き入力
レノボOphoneの情報機能と入力法

実際、中国移動の業務へのカスタマイズ意外は、レノボOphoneのOMS OSとHTC Dream/T-mobile G1のGoogle Andorid OSにはとても多くの類似性があり、且つそれらは双方のサードパーティ製アプリケーションを利用可能だが、Ophoneには国内のユーザーが利用する数多くのソフトウェア・ハードウェアデザイン例えば入力方法やCMMB機能などが追加されている。


【書評】
中国移動が提供しているOMSのレノボ O1(関連記事)とHTC T-mobile G1の比較である。ハードウェアに何を内蔵しているかは発売時期にも左右されるため、あまり大きな違いはないと見ているが、本文でも指摘されているとおりOMSがいくらAndroidベースとは言え、どこまで互換性があるのかは関心の的であった。同記事を読む限りは多少アプリケーションの起動時に問題があるとは言え、互いのソフトウェアが共通で動くということは、今後の市場拡大を考えたら大きな意義がある。と言うのもせっかくAndroidをベースにしていてもOMS独自のアプリケーションしか動かない、となると数が増えつつあるAndroid Marketのアプリケーション群を活用できなくなってしまうからだ。アプリケーションストア自体は中国移動が独自で用意していくのか否かはまだはっきりとは分からないが、そうなった場合も両ストアを利用できればユーザーの裾野も広がっていくであろう。
後の関心は同じくAndroidをベースにしている中国聯通のUphone(関連記事)が同様に互換性を保っているか否かだが、もし中国移動と同様に互換性を保っていれば、Androidは中国市場で今年から来年にかけ、需要が爆発的に伸びるであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。