スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Novellオープンソースアプリケーションストアを検討

今回のもとネタはこちら
『Novell考虑开源应用程序商店』

【翻訳文】
Apple iPhoneの”app store”の繁盛は無数の模倣者を引き寄せ、Sunは数日前ちょうどJava StoreのBeta版をリリースしたが、現在はNovellも”open-source apps store”を準備し、人々が皆豊富なオープンソースアプリケーションを利用できるようにすることを検討している。

例えばUbuntu或いはopenSUSEなどLinuxディストリビューションを選択するときの1つのメリットは数多くのオープンソースアプリケーションがあることだが、問題はWindowsに慣れているユーザーに説明するのは難しいということだ。Linuxベースのネットブック利用者が増え、皆がスマートフォンのapp storeに慣れていってるので、Novellはオープンソースソフトウェアストアがさらに多くのユーザーにLinuxを利用するよう促せると考えている。

Novellビジネスディベロップメント担当副社長のHolger Dyroff氏はネットブックとスマートフォンを比較した場合、ネットブックユーザーは新しいソフトウェアをダウンロードするのに費用が必要ないことは、非常に魅力であると指摘していると語っていた。


【翻訳文】
オープンソースにおけるアプリケーションストア的な存在としては現在、Sourceforgeと各ディストリビューションが用意する追加パッケージ群などがあるが、Windowsに慣れたユーザーが使いやすいか、そもそも前者などは特に知っているかとなると心許ない。そういう意味でオープンソースストアを用意すること自体は非常に意義があると思うが、一般のユーザーにどう広めていくのかと、NovellがopenSUSEなど自社関連のパッケージ群だけに止めず、Ubuntu,Fedoraなどでも動作するパッケージ群の提供を考えているのかが興味の的である。
また、せっかく”ストア”にするのであるからApple,Androidなどと同様に有償版のソフトウェアも用意すべきであろう。その何割かをストアの運営にあてて行けばよいし、開発者自身にも収益が手に入れば開発を続けていく資金源にはなってくるかもしれない。(オープンソース開発者の多くはモチベーションがお金でないことはもちろん理解しているが、あくまで開発を継続するための資金源として)。そうしてわかりやすい場所に有用なアプリケーション群が集まり、ユーザーが欲しいアプリケーションを用意に検索でき、セットアップなどの仕組みも簡単であれば最終的にはユーザーが恩恵を得られる。
日本語の同記事で、「そのような活動がNovell(あるいはその他の企業の)の収益を増加させることにつながるのかどうかわからない。」とのコメントがあるが(関連記事)、著者は間接的な利益(恩恵)と言うのが考慮できないのであろう。同著者はGoogleに何故Androidを開発するのかを聞いてみると良いだろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。