スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AndroidネットブックでGoogleのマイクロソフトとの競争は激化

今回のもとネタはこちら
『Android上网本将加剧谷歌微软竞争』

【翻訳文】
北京時間6月3日のニュース、海外メディアの報道によると、Acer,AsustekなどコンピュータベンダーはGoogleのAndroid OSを採用したネットブックの出荷を発表したが、業界関係者は、これによってGoogleとマイクロソフトの競争は激化すると考えている。

AcerのITプロダクトマネージャのジム・ワン(Jim Wong)氏は昨日、同社は今年の第三四半期にGoogleのAndroidを採用したネットブックを出荷すると語り、同時期にASUS董事長の施崇棠氏は同社がGoogleのAndroidネットブックを研究開発していることを明らかにした。

業界関係者は、各大手コンピュータベンダーが競ってAndroidネットブックの研究開発をしているのは同ソフトウェアが、現在世界のコンシューマOS市場の90%前後のをシェアを取っているマイクロソフトWindowsの機能に取って代われると考えている。大和証券(Daiwa Securities)のアナリストのカルビン・フアン(Calvin Huang)氏は、GoogleがコンシューマコンピュータのOSに進出してくることは、現在Windows 7の出荷準備をしているマイクロソフトに更にプレッシャーを与えると語った。彼は、これはWindows 7の価格引き下げにつながる可能性があると考えている。同時に、彼は、だんだんと多くのコンピュータベンダーがWindowsではなく、Androidを採用してくることは、Androidがコンシューマコンピュータ市場に進出する絶好の機会となるだろうと指摘した。

Acerは、同社はAndroidを採用したWindows XP版と比べて価格が安いネットブックAspire Oneを出荷するが、両製品のハードウェア構成は同じであると語った。

マイクロソフトシンガポールの広報担当アメリア・アグラワル(Amelia Agrawal)氏は、”同市場の競争状況はとても良いもので、消費者は彼らに最適な製品を選択する権利があり、マイクロソフトは消費者が継続してWindowsを購入し続けると確信しており、それはWindowsのネットブック市場での安定した力強い成長が証明している。”と語った。

Googleの株価は昨日のナスダック市場で0.4%上昇し、428.40米ドルの終値で、マイクロソフトは前日と同じく、21.40米ドルであった。

Googleは2007年にAndroidをリリースし、携帯電話のOSとして、Linuxベースで開発された、無償のオープンソースソフトウェアである。ASUSは2月の時点で、同社は今年Androidネットブックを開発するだろうと語っていた。Googleはとある電子メールの中で、”如何なる人もすべてAndroidプラットフォームを利用したり、コードを追加したり或いはダウンロードすることができ、モバイルデバイスの開発に限らず、我々はこのプラットフォームが貢献およびオープンプラットフォームの推進をし革新的作用を発揮することを願っている”と語っていた。


【書評】
Google Androidのネットブックが大手から具体的に発表され始めている。Acerは5月初旬の段階(関連記事)、ASUSは本文にもあるとおり2月の早い段階でネットブックにAndroidを搭載する研究開発に入ったことを表明していた(関連記事)。ネットブックの市場でも一部にはマイクロソフトが90%以上のシェアを取っているとされているが(関連記事)、Ubuntu, MoblinをはじめとしたLinuxおよびAndroidにもチャンスは十分にあると思えるのと、何より1社独占ではなく選択の自由があると言う時点で、ユーザーにとってもメリットがあるだろう。また、当面はネットブック市場の中でも利用されるCPUによって住み分けも行われていくのかも知れない。Atomなどインテル(または互換)ベースは当面、Windowsが優勢かもしれないが、ARM、MIPSなどではAndroidまた、ARMと提携関係にあるUbuntuなどが優勢になっていく可能性は高い(関連記事)。
ネットブック市場は成長急で、オラクルすらも同市場への進出が噂されている(関連記事)。2009年末にはWindows 7の出荷が予定されていることもあり、ネットブック市場は今後も更なる活況を呈しそうである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。